宮地楽器

総合窓口

宮地楽器 特選品

新作ハンドメイド弦楽器
  1. 宮地楽器
  2. 小金井店ショールーム
  3. 弦楽器
  4. 日本人弦楽器製作家
  5. 金子 祐丈

金子 祐丈

かねこ ゆうじ
ヴァイオリン
SOLD OUT

製作地 愛媛県
製作年 2020年
ボディサイズ 356mm

音色をお楽しみいただけます

演奏:小金井店販売スタッフ

金子 祐丈

かねこ ゆうじ
ヴァイオリン
SOLD OUT

ストラディヴァリのforma-Gをモデルにしたバロックヴァイオリンです。
オールドイタリアンを彷彿とさせる柔らかいオイルニスを纏い、新作とは思えない深みのある音色を持っています。
バスバーをはじめとする内部構造、指板、駒、テールピースなどすべてバロックスタイルにより作り込まれています。本格的なバロックヴァイオリンとして室内楽など様々なシーンで活躍することでしょう。

製作地 Cremona
製作年 2016年
ボディサイズ 358mm
製作家について
金子 祐丈
かねこ ゆうじ
1984年 愛媛県松山市生まれ。幼少よりピアノ、ヴァイオリンを学ぶ。
2007年 立教大学文学部キリスト教学科卒業、主に西洋中世美術史を学ぶ。
同年 イタリア クレモナに渡り、国立ヴァイオリン製作学校に入学。2011年同校卒業。
2012年 ロンバルディア州主催の弓製作・メンテナンスの1年間のコースにて、弓製作家 Emilio Slaviero 氏のもとディプロマを取得。 同年 第6回ピゾーニェ弦楽器製作コンクール フリー部門にてヴァイオリン第1位、ヴィオラ第2位受賞。
また同年、拠点をジェノヴァに移し、弦楽器製作家、修復家の Alberto Giordano氏の工房にて研修を経た後、同工房で契約を得てアシスタントとして勤務。
2014年 ミッテンヴァルト第7回弦楽器製作コンクール(ドイツ) ヴァイオリン部門にて第8位入賞。
同年 クレモナに戻り、弓製作家 Emilio Slaviero 氏の工房に勤務。弓のメンテナンス、修理スタッフとして働きながら、自らの新作楽器製作を続け、現在に至る。
2018年 ミッテンヴァルト第8回弦楽器製作コンクール(ドイツ) ヴァイオリン部門にて第1位ゴールドメダル受賞。

過去の作品