講師プロフィール

小池はるみ(こいけ はるみ)

担当:ヴァイオリン

東京藝術大学にてヴァイオリンを海野義雄氏、外山滋氏に、室内楽を浅妻文樹・兎束俊之・巌本真理各氏に師事。
小林道夫氏指揮 藝大バッハカンタータクラブに参加。
ドイツでの研鑽の後、東京ハルモニア室内オーケストラに入団し、世界の著名ソリスト達と共演を重ね、NHK音楽番組にも出演。ピアニストの姉・水上いづみとCD「GIFT」をリリース。
バロックヴァイオリン・室内楽を寺神戸亮氏、渡邊慶子氏より学び、S・クイケン氏のマスタークラス受講。
岡田龍之介氏主宰ムジカ・レセルヴァータに参加。
ザロモン室内管弦楽団、ザ・サインズ・オブ・バッハにおいてコンサートミストレスを務める。

講師より一言

ヴァイオリンは、ソロ・室内楽・弦楽アンサンブル・オーケストラ等、色々な楽しみ方ができる楽器です。
心に深く響く美しい音色は、生活に豊かな潤いをもたらし、音楽で様々な感情を表現する喜びを与えてくれます。
初級から上級まで、正しい姿勢、自然な音の出し方、効果的な練習方法、多様な表現法、時代背景を考慮した奏法、楽譜から作曲者の意図を読み解く方法、等々、レッスンを通してご一緒に考えていけたらと思います。

オフィシャルサイト・SNS
http://harumikvn.wix.com/harumi
講師インタビュー・レッスンレポート
レッスンレポートを見る
  • ららぽーと立川立飛センター