講師プロフィール

遠藤記代子(えんどう きよこ)

担当:ヴァイオリン

桐朋学園大学音楽学部卒業後、ドイツ・新ベルリン交響楽団と4大コンツェルト他を共演。以降、国内外にて演奏活動を展開する。2010年より弦楽器専門誌「サラサーテ」にて執筆連載を開始。2013年バウムクーヘン室内管弦楽団(KPB)を主宰、自らソロ・コンサートミストレス&音楽総監督を務める。
第23回Ameropa国際音楽祭2016ゲスト・アーティスト。桐朋学園にて開発研究された『ヴァイオリン骨体操』師範、シュタイナー音楽教育に基づく音楽指導 Method of Movement with Music(M.M.M.)インストラクター、 日本筆跡診断士協会 筆跡アドバイザー、全日本教育書道連盟 毛筆五段/細字六段。
著書に「みるみる音が変わる!ヴァイオリン骨体操」(音楽之友社)、「遠藤記代子のかっこいい!ヴァイオリンベーシック・スタディ」(せきれい社)がある。
桐朋学園大学非常勤講師(一般教育部会/体育実技)

講師より一言

ヴァイオリンを演奏するために必要な、体の脱力方法や筋肉の使い方、また、ソルフェージュや楽典など基本的なことがらを、じっくり教えます。クラシックはもちろん、ポップスや自作曲まで、自由に楽しく演奏表現ができるようになります。

オフィシャルサイト・SNS
https://ameblo.jp/tempo120/
  • MUSIC JOY 新宿
  • MUSIC JOY 吉祥寺