宮地楽器

総合窓口

宮地楽器 特選品

新作ハンドメイド弦楽器
  1. 宮地楽器
  2. 小金井店ショールーム
  3. 弦楽器
  4. 特選直輸入品
  5. Louis Morizot père

Louis Morizot père

ルイ・モリゾ ペール
ヴァイオリン弓
SOLD OUT

1919年Eugene SARTORYのアシスタントを経て、ミルクールのSt.Georges通りに工房を開き、1927年には職人の技を競う”Artisanale”という大会で優勝します。
Louis Joseph Morizot、50代半ば、職人として最も充実していた頃の作品です。ヘッドはSartoryの影響も色濃く、大変エレガントな作りの弓です。非常に弦への吸い付きがよく、コントロールのしやすさがあります。雑味のない明るくクリアな音色を持ち、パワーと繊細な柔らかさを兼ね備えた逸品です。ソリストの方にも自信を持っておすすめいたします。

ブランド なし
製作地 Mirecourt
製作年 1930年頃
フロッグ Silver/Ebony
鑑定書 J.F.Raffin
製作家について
Louis Morizot père
ルイ・モリゾ ペール
Louis Morizot(ルイ・モリゾ)は、1874年にフランスのDarreyに生まれ、C-Hury、N.Bazinのもとで研鑽を積んだのち、E.Sartoryのアシスタントとなりました。1919年に45歳で独立し、ミルクールに工房を構え、多くの名弓を製作しました。 息子たちと共に製作にあたっていたため、区別するために彼の作品はp?re(父)と称されています。

過去の作品