レッスンレポート

ドラム体験レッスン受けてみました

ドラムは、ベースと共にバンドのリズムセクションといわれるパートです。
バンドのサウンドを支えながら、自分のグルーブを生み出せるのがドラムの醍醐味ですよね。
今回は宮地楽器の人気講師、カメルーン出身のワッシー先生にドラムの魅力を教えていただきました!

講師

レッスンスタート!

step01

ドラムスティックを持ち、いざスタート

スネアドラム、フロアタム、ハイハットの順に叩きます。
その際、まず気をつけることは、スティックで叩いた時の“響き”です。
先生の真似をして叩きますが、響きが全然違うことに気づきました!

step02

姿勢と腕の脱力が大事!

どうやったら先生のような響きが出せるのか・・・?
それは、叩くときの“姿勢”と“腕の脱力”がポイントでした。
姿勢を正し、肩と腕を脱力し、まっすぐスティックを振りかざしドラムを叩くことで、音がしっかり響いてくれます。
姿勢を正すことが重要なのは、どの楽器にも言えることですが、改めて実感しました。

step03

先生のリズムを真似して叩く!

スネア、タム、バスドラム、シンバルを使って、先生のリズムを真似して叩きます。
だんだん早く叩いていきますが、ついていくのに必死で、姿勢や腕の脱力を忘れがちに・・・。

step04

どうして、ひたすら叩くだけの練習が必要なの?

ドラムはビートを刻む楽器ですが、ビートを刻む前に、どの太鼓がどんな音なのかをよく知っておく必要があるんだとか。
そのためにワッシー先生はレッスンで、高い音から低い音までを順番に叩く練習をしているそうです。

step05

基礎練習が大切!

ワッシー先生の体験で、基礎練習の大切さを身に染みて感じました。
姿勢、力加減、音の響きを体で覚えること、全てがしっかりとできてこそ、演奏に生かされます。
ピアノにバイエルやツェルニーがあるように、ドラムにも基礎練習、上達するためのセオリーがあるんですね!

レッスン終了!

体験してみて

ドラムを叩くのは初めてでしたが、すごく楽しかったです!
ワッシー先生と一緒に叩き、先生の音をよく聞いて響きを近づけるように集中して叩きました。ドラムの響きがだんだん安定し、コツを掴めるとより楽しくて、もっと叩きたくなってきます。そして、ビートを刻めるようになって、アンサンブルが出来るようになると、もっと楽しくなるだろうなと思います♪
ぜひワッシー先生と一緒にドラムを楽しみましょう!

講師プロフィール

体験・見学について

ホームページ、ご来店、お電話で体験レッスン・レッスン見学へのお申し込みができます。
ホームページからご予約の場合は、お申し込みをいただいた教室にて確認ができ次第、折り返しメールもしくはお電話にて連絡をいたします。連絡がない場合は、ご予約のお申し込みが出来ていない可能性がございますので、お申し込み教室へご連絡をいただけますようお願いいたします。

  • 宮地楽器のレッスンは、曜日・レッスン開始時間・担当講師は固定で、月謝制です。体験レッスンにお申し込みの際は、ご継続しやすい曜日・時間帯をお知らせください。※一部、チケット制のコースあり
  • 体験レッスンは、入会をご検討の方に向けて、実際のレッスンの雰囲気や指導内容を知っていただくために行っております。
  • 体験レッスンはお1人様1回無料でご受講いただいております。
  • 18歳未満の方からのお申し込みには保護者様の同意が必要です。
  • やむを得ない事情で体験レッスンをキャンセルされる場合は、必ずレッスン開始時間までにお申し込み教室へご連絡ください。

教室情報

MUSIC JOY 渋谷

  • 〒150-0031東京都渋谷区桜丘町24-1 橋本ビル(受付5F)
  • Google Mapで見る
  • 交通アクセス

    JR 渋谷駅 徒歩5分
  • 03-5456-8300
  • 03-5456-0027
  • OPEN10:00 CLOSEは当面の間、レッスンが終了次第閉店とさせて頂きます。 (基本は平日は21:30まで、土曜20:00まで、日曜18:00まで、祝休み、臨時休業有)

MUSIC JOY 渋谷へのご質問、開講コースへのご質問等、お気軽にお問い合わせください。