音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

MUSIC JOY 渋谷

Vol.12 今回はフルート講師の浜野木綿子先生が開講している<フルート>コースを体験!

Vol.12 フルート(講師:浜野木綿子はまのゆうこ

女子の憧れ、フルート♪今回はまったくの初心者スタッフが初挑戦です!
まずは音がきちんと出るか、ドキドキしながらレッスンスタートです。
  • まずは、口の形から!

    Step.1

    フルートを吹くための口の形を練習します。口を閉じた状態でかるく横に引き、それから唇の真ん中を少しあけて、息を出します。それから手のひらを口の前にかざして、息が手のひらの中央の一点にあたるように練習します。

  • 頭部管から挑戦。

    Step.2

    口の形を練習しているところに、先生がフルートの頭部管を唇にあててくださいました。 自分の手の中央に向かってまっすぐ息を出していくと、先生が頭部管を少し動かして、音が出る角度に合わせてくださいます。 最初は息が交じってしまいますが、すぐに音が出て、とっても感動しました!

  • 頭部管を自分で持ってみます。

    Step.3

    次に、自分で頭部管を持って練習します。 口と並行にして、唇の真ん中にフルートの歌口が来るように持ちます。 唇の下3分の1が隠れるくらいのところに歌口を当てて、息を送ることがポイントだそうです。 先生に歌口の位置を見ていただきながら、先ほどと同じように音が出るよう練習します。

  • フルートを組み立てます。

    Step.4

    頭部管で音が出るようになったら、さっそくフルートを組み立てます。 フルートは頭部管、胴部管、足部管と3つに分かれてケースに収められています。 ひとつずつ、つなげる向きやジョイント部分の入れ方を教わりながら組み立てます。 フルートのチューニングは、ジョイント部分を抜いたり入れたりして調節します。 頭部管と胴部管の間は、最初に5ミリ程あけておくそうです。

  • ついにフルート本体をつなげて吹きます!

    Step.5

    組み立てができたら、ついにフルート本体を自分で持ちます!! 頭部管で練習したことをよく思い出しながら、フルートに息を送ります。 フルートのレッスンでは、低い音から練習を始めるそうです。 低音のソの音が吹けたら、ひとつ指を離してラの音、もうひとつ指を離してシの音を出してみます。

  • 曲に挑戦♪

    Step.6

    最後は、教わった音で簡単な曲に挑戦します!この日吹いてみたのは「アゲハ蝶」という曲でした。ゆっくり練習して少し慣れたら、伴奏もつけて通してみます。 先生もご一緒に重奏してくださって、とても吹くことが楽しかったです♪

レッスンを受けた感想

最初は音が出るか不安でしたが、最後には曲を吹くことが出来ました!1回の体験レッスンで、ここまで出来るようになるなんてびっくりしました。今回私は低い音を練習しましたが、高い音にも挑戦して、もっとたくさんの曲にチャレンジしてみたいなと思います♪
お問い合わせ:MUSIC JOY渋谷 03-5456-8300

MUSIC JOY渋谷

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町24-1 (橋本ビル/受付5F)

TEL:03-5456-8300
FAX:03-5456-0027

営業時間
10:00〜21:30(日曜は18:00まで・祝日は休み)
最寄り駅
JR渋谷駅 下車徒歩2分

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページTOPへ