音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

MUSIC JOY 渋谷

リコーダー講師・宮里安矢先生にインタビュー!

第32回MUSIC JOY 渋谷・講師インタビューはリコーダー科の宮里安矢先生にお話を伺いました!

こんにちは!まずは先生の自己紹介をお願いします。

リコーダー・宮里安矢先生 リコーダー講師の宮里安矢です!
沖縄県那覇市出身です。
大学入学と共に上京し、上野学園大学音楽学部器楽科リコーダー専門を卒業しました。

先生とリコーダーの出会いを教えて下さい!

中学の部活がきっかけです。
私が通っていた中学の吹奏楽部は、5月末まで通常の吹奏楽部の活動をし、6月からリコーダーの演奏活動をする部活だったんです。
当時の先生がリコーダーに力を入れている先生で、音楽祭での演奏活動やリコーダーコンテストに参加していました。
私も放課後毎日のように部活に参加し、どんどんリコーダーにハマっていきました。

――リコーダーの道に進もう!と思ったきっかけはあるんですか?

漠然と「好きなリコーダーが演奏出来たらな」と思っていたのですが、とにかく沖縄には情報が入ってこなくて…。
そんな感じであっという間に進路を決める時期になった時に、音大進学を希望していた友人が「大学に進むなら沖縄を出たい!」と、ありとあらゆる音大・音楽の専門学校の資料を取り寄せて、私に見せてくれました。
その中で上野学園大学にリコーダー科があるということを知り、そこを目指そうと決めました。
でも、最初は「音大なら毎日リコーダーを吹いてられる!」という軽い気持ちだったんですけどね(笑)

――そこから音大入学のために勉強を始めたんですか?

そうですね、高校3年生になってからピアノ、歌、楽典を習い始めました。
リコーダーは独学です。

――独学!?

そうなんですよ、独学で…。試験で演奏する楽譜も、沖縄にはなかったので取り寄せたり、とにかく大変でしたね。
部活の延長の様な感じで大学に入ったので、大学の先生方も困ったと思います(苦笑)

大学での授業はどんな感じでしたか?

全てが一からのスタートだったので、とても新鮮でした。
とにかく「大学に入ったらアンサンブルが楽しめる!」と期待でいっぱいだったのを覚えています。

そういえば、先生は大学で上京されたとのことですが、東京と沖縄の違いってありますか?

一番は食べ物ですね。
例えば、沖縄のお味噌汁には、味がついた豆腐(島豆腐)を入れます。
こちらのお味噌汁は絹豆腐で、豆腐に味がない!これは食べるものが無いんじゃないか…なんて心配しました。。。 リコーダー・宮里安矢先生

――食文化の違いは大きいですよね。

大学入ったばかりの時に、どうも身体の調子が悪くなって…病院に行ったら栄養失調だって言われてしまいました…。
食べ物が豊かな時代に栄養失調って…この話をすると笑われてしまうんですけどね。
その後、まかない付の焼肉屋でアルバイトを始めたので、食べ物には困らなくなりました(笑)

――すごいエピソードですね!!東京の生活にはすぐに慣れましたか?

大学4年間かけて少しずつ慣れていきました。あ!後、東京に出てきてどうしても経験したかったことがあって…

――それは何ですか?

満員電車です!

――それは経験しなくて良いですよ(笑)

リコーダー・宮里安矢先生

沖縄って基本的に徒歩、車、バスの生活なので、サザエさんで出てくるように満員電車に乗ってみたかったんですね。
で、満員電車が体験できるところに住もう!と思ったのですが、大学に行くまでの朝のラッシュがスゴい路線で…。電車が来ても乗りたい電車に乗れないんですよね。
そのせいで(?)大学の1限が間に合わない事もしばしば…。

――こりました(笑)?

こりましたね(笑)2年生ですぐに引っ越しました。。。

それでは、リコーダーの魅力を教えて下さい♪

リコーダー・宮里安矢先生 誰でもすぐに音が出せるところですね。

――逆に難しいところは?

取りかかりやすい反面、指使いで変え指があったり、ピッチの取り方だったり、掘り下げていくと難しいです。
小・中学校でも習う教育楽器なので理解されにくいんですけどね。。。

レッスンでモットーにしていることは、どんなことですか?

モットーは、一人ひとりの希望を叶えるために、その人に合ったレッスン内容を考えるようにしています。
難しいことを頑張りたい方、曲を楽しみたい方、どんどん進みたい方、色々な希望を持った生徒さんがいらっしゃいます。
あまりにも頑張りすぎると挫折してしまうので、道筋をしっかり立ててレッスンを進めていきます。
あとは、生徒さんとピリッとした関係は望まないので、楽しく笑えるレッスンをしたいなと思っています。

――先生のお人柄は生徒さんにもよく伝わってるんじゃないかなと思います!

私がリコーダーの世界を知って、材質やピッチ、音の高さでたくさんの種類のリコーダーが販売されていることに驚きました。リコーダーを選ぶ際のアドバイスを教えて下さい。

一定の息を吹き込んでもボイシングが変わらない、低音・高音がバランスよく出る等、いろいろと大切なポイントはありますが、ピッチが安定してるかは、とても重要です。
なので、必ずチューナーを持参して、試奏して頂きたいです。

それでは最後にホームページを見てる皆様にひとことお願いします!

ぜひリコーダーでアンサンブルを楽しみましょう♪

ありがとうございました!

MUSIC JOY 渋谷

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町24-1 (橋本ビル/受付5F)

TEL:03-5456-8300
FAX:03-5456-0027

営業時間
10:00〜21:30(日曜は18:00まで・祝日は休み)
最寄り駅
JR渋谷駅 下車徒歩2分

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページTOPへ