音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

MUSIC JOY 渋谷

サックス講師・増田ひろみ先生にインタビュー!

第21回MUSIC JOY渋谷・講師インタビューは、サックス 増田ひろみ先生にお話を伺いました!増田先生は、老若男女ファンが多く、渋谷でも大人気の先生です。生徒さんたちを惹きつける魅力を探りました♪

こんにちは!まずは増田先生の自己紹介をお願いします。

講師 埼玉県川越市出身、3歳からピアノを始め、高校生のブラスバンドでファゴットを吹いていました。

――ブラスバンドではファゴットからスタートされたんですね。

本当はサックスを希望してたんですが、マウスピースを吹く試験で落ちてしまって・・・。 でも半年後に、同じ低音楽器のバリトンサックスに移動になり、念願のサックスを吹くことになりました。 最初がバリトンサックスだったので、アンブシュアがゆるかったのか、後々アルトサックスを吹く時にアンブシュアが楽でしたね。

――その後はサックスを継続されたんですか?

高校卒業後は、普通大学を出て、就職し働いていました。 音楽の道に進みたいという希望はありましたけど、サックスは趣味として続けていこうと。

――ミュージシャンとしては、珍しいケースですね!

そうですね。
ほとんどのミュージシャンは音高や音大を出て、ミュージシャンとして活躍していますからね。 社会人になって始めたビッグバンドで、恩師である大山日出男さんを紹介して頂き、4年間ほどレッスンを受けていました。 そこで初めてジャズを経験しましたね。
その後、チラホラと披露宴やパーティで演奏の依頼が来るようになりました。
当時は、女性のサックスプレーヤーは珍しかったんでしょうね。とても重宝されていたみたいです(笑)

サックスの魅力を教えて下さい!

やっぱり表現力が豊かなところじゃないでしょうか。
サックスの音色は、サンプリングでは決して作れないと思います。また、日によって楽器の調子が違うので、飽きないですね。
音色を作っていくのは、とっても面白いです。

――先生は主にアルトサックスを演奏されているんですか?

そうですね、ソプラニーノ、ソプラノ、テナーも持っていますが、メインはアルトサックスです。

―――アルトサックスにこだわりが?

アルトサックスに専念したいというのが一番です。自分の声に一番近いような気がしています。

サックス・増田ひろみ先生

それでは先生は普段どんなレッスンをされてますか?

全く音楽経験がない方は、楽器の組み立て、吹く時の姿勢、奏法もレッスンしますが、音符の長さや楽譜の読み方など楽典の基礎も大切にしています。
テキストは「サクソフォン教本」を使用しています。ブランクのある方には、その方のやりたいことに合わせてレッスン内容を考えていきます。ただ、「やりたい事をやる」だけでなく「出来ない事をクリアしていく」レッスンになるように努めています。

――ジャズをやりたい方にはどのようなレッスンをされていますか?

ジャズといえばアドリブですよね。
自分でソロを考えて、フレーズの引き出しを増やしていくことが大切です。スケールを全キーで吹けるように練習したり、コードを読めるように勉強します。また、本場のアーティキュレーションを真似してもらうために、耳コピをしてもらいます。
ジャズは英語圏の音楽なので、ネイティブの発音を真似ることは一番の近道です。あとは、ライブハウスが主催しているセッションに行くことも進めていますね。上手い人たちの前で演奏することで、勉強にもなりますし。

――耳コピするにあたり、人気のアーティストを教えて下さい!

フィル・ウッズ、アート・ペッパー、ジャッキー・マクリーン、キャノンボール・アダレイ、ポール・デスモンド、リー・コニッツあたりは人気ですね。
私が演奏した曲をコピーしてくる方もいらっしゃいますよ(笑)

それは生徒さんから憧れられているからですね♪では、先生の憧れのアーティストはいらっしゃいますか?

サックス・増田ひろみ先生

リー・コニッツですね。
以前インタビュー記事を読んだんですが、毎日練習し即興演奏に磨きをかけ、自分自身と戦い続けている姿に憧れています。 あくなき探究心を持ち続けることは大切ですね。
オススメのCDは、彼が若い時のアルバム『Subconcious-Lee』です。是非聞いてみて下さい!

また、日本人だと、渡辺貞夫さんですね。
中学生の頃、父親が間違って買ってきた渡辺貞夫さんのレコードを聞いて、サックスを始めようと思ったので。父親が間違って買ってこなければ、別の楽器をやっていたかもしれません(笑)

――そんな出会いってあるんですね(笑)

増田先生クラスの生徒さん方は、みんな仲が良いですよね。
「先生のクラスに入ったらこんなことがあるよ!」という事を教えて下さい。

まず、年に1回開催される発表会です。
ピアノ、ベース、ドラムのプロミュージシャンをバックに演奏ができる発表会があり、生徒さん方から好評をいただいています。 他にも、合宿やセッション忘年会を開催しています。

先生は普段講師業以外に、音楽活動はされていますか?

リーダーバンドでライブをしています。 よくやっているライブハウスはココ(渋谷)、シグナス(銀座)、アリエス(上野)、ナージュ(菊川)、スワン(新所沢)、ピアニッシモ(川崎)、ハーバーライト(国立)、ノートランクス(国立)、エアジン(横浜)などです。
また、3.11東北地震のあとは、被災動物チャリティライブを定期的に開催しています。
ライブでの収益金は、被災動物の保護、育成、支援に役立てています。

少しサックスと離れますが、増田先生と言えばケロッピ!キャラクターの中でケロッピがお好きなワケは?

ひとめぼれです(笑)
最近では、生徒さんからも色々なカエルのキャラクターのグッズを頂くことも増えました。中にはニセッピもあり、カエル一般も好きになっちゃいました(笑)

――(笑)たしかにカエルグッズで溢れてますね!

それでは、最後に一言お願いします!

これからサックスを始めようと思っている方、迷っている時間があったら、是非お越しください。吹きたい時が適齢期ですから!一歩の勇気を出せば、楽しいサックスライフが待っていますよ。

ありがとうございました!
終始笑いが耐えず、夢中でお話を聞いてしまいました。増田先生が生徒さんの支持を受ける理由がよく分かるインタビューでした!
お話が面白く、サックスを吹いたらカッコイイ♪そんな増田先生とサックスライフを始めてみませんか?

MUSIC JOY 渋谷

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町24-1 (橋本ビル/受付5F)

TEL:03-5456-8300
FAX:03-5456-0027

営業時間
10:00〜21:30(日曜は18:00まで・祝日は休み)
最寄り駅
JR渋谷駅 下車徒歩2分

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページTOPへ