金管 タグのついている記事

【新入荷!】ズーラシアンブラス アンサンブル楽譜

 

★ ズーラシアンブラス ★ 

皆様はご存知でしょうか?

 

横浜にある「よこはま動物園ズーラシア」のマスコットキャラクターです。

 

メンバーはこちら!!

初めて見る方はビックリしますよね!

でも、演奏はとても素晴らしいプロプレイヤーの方々なのです。

 

そんなズーラシアンブラスが演奏しているアンサンブルの楽譜を

今回当店で初めてご用意いたしました♪

普段は動物園に遊びに来る子供たちに向けて演奏をしているので、

となりのトトロなどのジブリの名曲や、ドレミのうたなど、

聞き馴染みのある曲ばかりです♪

 

ズーラシアンブラスのメンバーは金管5重奏ですが、

クラリネット4重奏の クラリキャット

サックス4重奏の サキソフォックス

こちらの楽譜も一緒にご用意いたしました♪

 

楽譜だけでなく、CDもご用意いたしましたので、

まずはちょっと聞いてみるのも良いかもです。

 

7月末まで店頭にて販売中!!

 

 

金管楽器半田付け【トランペットウォーターキィ】

皆様こんにちは!

さっそくですが、

今回は金管楽器の半田付けの修理を紹介していきたいと思います!

tprepair1

さて、この画像は皆さんご存知のトランペットですね。

でも何かがおかしいと思いませんか?

そう、ウィーターキィが台座ごと外れてしまっているのです。

tprepair2

tprepair4tprepair3

ウォーターキィがしっかりと付いていない楽器は

息を吹き込んでもウォーターキィの部分にできた隙間から息が漏れてしまい、

ちゃんと音を出すことが出来なくなってしまいます。

ウォーターキィは付いていないと楽器が吹けないくらい、とっても大事なパーツなのです。

このウォーターキィは、台座が半田付けという方法で取り付けられています。

半田というのは鉛とスズを主成分とした合金なのですが、

は人体に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

皆さんご存知の通り社会問題にもなりましたよね。

しかし、当店では鉛フリー半田という鉛の含有率がかなり低いものを使っているので、

その辺はご心配なくお使いいただけます!

ではさっそく半田付けの修理方法をご紹介していきたいと思います!

まずは半田付けをする部分の表面に残っているもともとついていた半田や汚れをきれいに掃除します。

tprepair5

次に半田付けする面にフラックスという半田がつきやすくするための液体を塗ります。

tprepair6

半田付けしたい場所にしっかりと固定します。

tprepair7

ガスバーナーであぶり、適温に達したところで半田を注します。

tprepair8

周りの汚れをふき取り、完成です!

tprepair9

tprepair10

tprepair11

tprepair12

やっといつもの見慣れたトランペットに戻りましたね!

これで安心して楽器を演奏することが出来ます♪

今回はトランペットのウォーターキィの半田付け方法を紹介しましたが、

他にも「ここの半田が外れているかも…」という場所がありましたら是非当店に楽器をお持ち下さい。

当店技術者が責任を持って修理させて頂きます!

さて、ここで皆さんにうれしいお知らせです!

11月18日に無料点検会を開催いたします!!

金管楽器は、木管楽器に比べて点検に出す頻度がかなり低くなってしまっている方が多いと思います。

しかし、実は自分は慣れてしまっていて気が付かないけれど

本当は正常な状態でない楽器も結構あるんです。

この機会に是非ご自分の楽器を点検してみませんか?(もしかしたら半田が外れているところが見つかるかも…!?)

11月18日(日)開催!

★ 無料点検会 ★

◆時間(1枠30分) : 午前4枠(10:30~) ・ 午後9枠(13:30~)

※予約制

anshin01 img_repair

「点検って何のこと?」「音は出るのに本当に必要なの?」

そんな風にお考えの方も多いハズ!ここで少しご説明いたします♪

点検とは、楽器の状態が正常かチェックすることです。

定期的に点検に出すことで、調整時間や取り扱いのアドバイスが可能になり、楽器の寿命も長く保つことが出来ます。

「音が出るから何とも無い」と思っていても、実は毎日の練習やレッスンで演奏する度に、微妙に変化しています。

大掛かりな修理になる前に「点検」を!

楽器の状態が悪くては、良い演奏は出来ません!

発表会を終えて一段落した今、時間を作ってしっかり健康診断をするチャンスです♪

予約制ですので、お申し込みはお早めに!!

11月11日(日)即日完了!クリーニングDAY開催!

詳細はこちらのブログをチェック♪ → <ブログを見る>

【お申し込み・お問い合わせ先】

宮地楽器 管楽器専門店トップウインズ

TEL : 042-387-1231

営業時間 : 10:00~19:00 ※年末年始・夏季休業を除き、年中無休

住所 : 〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

疑問・質問がございましたら、こちらよりお問い合わせ下さい。 → <お問い合わせ>

修理編 抜差しの凹 ホルン編

本日は久々に修理編を、しかも金管ホルン編です。最近ホルンの修理が多く今回のピックアップになりました。

凹修理は結構大変なのです、こんな部分の修正です。

HR1-1

 見事に変形してますね、金管楽器もある意味精密で、こんな変形で抜差しが抜けにくくなったり、不運な場合は入らなくなって楽器が吹けないなんて状態になります。皆さん抜差しを抜いた際は十分にご注意下さい。

ちなみにこれはホルンの抜差管ですが、1番多いのはトランペットの3番抜差管の変形です。ほとんどの楽器に落下防止のストッパーが付いているのですが、ついうっかり、ストッパーが緩んでいてカーンコロンコロンと乾いた響きを轟かせてしまうのですね、なぜ屋外のときに落ちると悔やむお客様を何度診たことか。 まあこのような管も私どもの手にかかればこのように

HR1-2

 見事に修正され、動きも元の通りスムースに調整致します。

他にもこのような箇所も

HR1-3

別カットでもう1枚、このような悲惨な状態が

HR1-4

 この通り

HR1-5

HR1-6

 見事に修正される訳です。場合によっては直らないこともありますから、金管の皆さん取り扱いにはご注意下さい。特にちょっと楽器に慣れてきた新入生諸君は気をつけて、先輩の皆さんご注意お願いします。

そうそう、次のブログではホルンの中古品が御案内できるかも♪

気になった方はこちらまでお問い合わせ下さい。

担当KK

トランペットの錆について

本日は、トランぺットの錆について  

 下の画像は全て抜差しに出来た錆です、本体は意外にきれいですが抜差しはこのように緑青で緑色になっています。正直こうなってしまうと一般の人ではお手上げですね、もうあきらめてこのまま錆を増殖させるか、修理に出すかしかありません。

金管楽器にとって錆は絶対出来ます!!(木管にも)

でも防ぐことは簡単です、グリスとオイルがあれば、何千円という修理代を払わなくても済みます。

皆さんの楽器はいかがですか?

TP SABI 1

TP SABI 2

 

TP SABI 3

TP SABI 4

当店に来店して頂ければ、修理スタッフが優しくご説明します、もちろん自分の楽器をお持ち下さい。

錆の無い楽器でコンクールに参加しましょう。

担当KK

トランペットの汚れ 底蓋編

 今日は、簡単な内容です。

下の画像はトランペットの底蓋を外した状態です。

結構汚れが溜まりますね、月に1回はお掃除しましょう。

 

TP yogore 1

次回は、ピストンのお掃除方法をご案内します。(多分近い未来に)

乞うご期待!!

担当KK