メンテナンス タグのついている記事

自分で出来る!?ロータリーの修理

 

本日の修理ブログは… 【 ロータリーの修理 】

 
ロータリーの修理と言えば、下の画像のように
溜まった汚れやサビを除去することによって動きを良くする「ロータリー調整」が基本ですが…
 
 

今回は「ロータリーゴムの交換」についてお話しします。

ロータリーゴムとは、下の画像の黒い丸形のパーツで、横から見ると円柱の形をしています。
画像のように1つのロータリーに2個付いているので、
「1個しかない!全く無い!」という方はすぐに取り付けてください!!
ロータリーゴムは定期的に交換しないと、「カチカチ」というノイズの原因になります!
特に長年使用した楽器の場合、オイルや経年変化によりゴムが硬化してしまい、
バンパー(衝撃吸収)の役目を果たせなくなります。
 
下の画像で、赤丸で囲まれているのが新品、矢印のが硬化したゴムです。
よく見ると長年使用した金属の跡などが付いています。
 
 
学校の備品等で多いヤマハ製ホルンのロータリーゴムは、誰でも簡単に交換出来ます!
しかも!1個105円です!
 
まずはご自分の目で楽器を確認の上、交換してみてはいかがでしょうか
レバーの押し心地はとても良くなりますよ♪
 
コンクールや発表会など、これからの大事な晴れ舞台直前では、手遅れになるかもしれません!
今のうちに楽器の状態を万全にし、毎日の練習に励みましょう!!

ご来店心よりお待ちしております♪

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

東京都小金井市本町5-15-9

 

※2013/06/18 現在

 

お急ぎの方必見!楽器の点検は今がチャンス!木管編

 

お急ぎの方必見!楽器の点検は今がチャンス!!

今日は木管楽器の方々に朗報です!

 

梅雨入りした今の季節、

キィの下に付いている丸いスポンジの様な部品「タンポ」が、湿気の影響でベタつきやすくなっているので、

演奏中にペチャペチャと雑音がする方もいるのではないでしょうか?

 

実はこの「タンポ」、本当にスポンジの様に水分を含んでしまうので、

演奏後にクリーニングペーパーでしっかり水分を除去しないと、キィにガタつきが出てきてしまいます。

ガタつきが出ると、キィとトーンホールの間に隙間が生まれ、息が抜けてしまうのです。

さらに、キィはそれぞれ連動しているので、1ヶ所悪くなっただけで他の箇所にも影響が出てしまうのです。

 

つまり!

「音が出づらい」「吹きづらい」と悩んでいる方、原因はコレかも!?

 

「そんな症状は無い!」と言う方も、毎日演奏していると自然に身体が楽器に慣れてきてしまうので、

実はもっとラクに吹けたり、今より良い音が出るようになったりするかもしれません。

 

 ← こちらの画像のように、管内に光を通して「隙間チェック」をします。

 

「タンポの狂いによるキィのガタつき等の調整」は、通常「バランス調整」と呼んでいます。

修理代金は 約1万円前後 (楽器によって異なります) ですが、

キィをすべて分解し、管内洗浄&オイル注油も一緒に行なうので、

吹きやすくなるだけでなく、楽器もピカピカ、キィ動作も滑らかになります!!

 

楽器お預かり修理期間は 通常約1週間 ですが、

今ならご要望も承っております!!

もう少し早めにご返却できるかもしれませんので、是非ご相談ください。

 

コンクールや発表会など、これからの大事な晴れ舞台直前では、手遅れになるかもしれません!

今のうちに楽器の状態を万全にし、毎日の練習に励みましょう!!

ご来店心よりお待ちしております♪

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

東京都小金井市本町5-15-9

 

※2013/06/12 現在

 

 

【FAIR】1/12(土)~20(日) オトコのラッパ祭開催☆

バンドの花形“トランペット”に焦点を当て、

タイプ別におすすめモデルをご紹介いたします。

輝かしい華やかな音色で、カッコよさに磨きをかけましょう!

もちろん女性の方も大歓迎です♪

 

詳しくはコチラから ⇒ ●オトコのラッパ祭を見る●

 ☆トランペット担当のTOPWINDSメルマガ会員様限定!

お買い得特典はコチラ!!☆

 

【トランペット関連商品20%OFF】

マウスピースやケースをはじめ、サイレントブラスやメンテナンス用品などなど、トランペット関連商品が20%OFF!

今回は特別にTOPWINDSオリジナルの特殊メッキ加工マウスピースも20%OFFと、豪華特典盛りだくさんです!

※一部対象外商品がございます。詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。

 

【アウトレットSALE】

BACHバルブトップやマウスピースなど、TOPWINDSセレクトのちょっとワケありの商品がお安く手に入るチャンスです。

中には半額以下の商品も!?いずれも1点限り!早い者勝ちです!

 

メルマガ会員に登録したい方はコチラから⇒

※商品ご購入の際に、店頭にて「会員証」または「メールマガジン」の確認をさせて頂いております。

いずれもお持ちでない方は、会員様特典の受付が出来かねますので、予めご了承下さい。

 

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。

木管楽器の内側、汚れてませんか?前編

こんにちは!

世間はすっかり夏休みですね♪

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

それにしても夏って暑いですよね~

暑いときって水浴したくなりませんか?

実は楽器も同じことを思っているかも…

というわけで、今回は木管楽器の洗浄について書きたいと思います!

 

楽器の管内なんてそんなに覗いたりしませんよね?

実は覗いてみると意外と汚れているものなんです!

「買った時と比べて、黒ずんできたな…」

「毎日スワブを通しているのに、ベタつきが気になるな…」

もし自分の楽器がそうなっていたら、管内を洗浄する目安だと思ってください!

 

 ちなみに、こちらは洗浄する前の楽器の様子です。

管体を洗浄する際は、このようにキイを全てはずしてから行うんです!

120810_1518~01     修理

  なんでわざわざキィをはずしているの!?

と思う方もいらっしゃいますよね。 

その辺りも含めて詳しい洗浄方法は次回のブログで書きたいと思います。

お楽しみに!!!

 

楽器の洗浄がしたい方は是非トップウィンズに楽器をお持ち下さい。

技術者が責任をもってメンテナンスさせて頂きます!

担当:春田

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

サックスのお手入れ【第一回:タンポの汚れ】

皆さんこんにちは。

今日はサックスのタンポについて書いてみようと思います。

 では早速ですが、写真を見て下さい。

SAX tanpo-highF

矢印部分の黒い輪、

これ、何だと思います?

実はこの黒い輪、カビなんです!

奥に写っているものは新品のタンポなんです。

ぜんぜん違いますよね??

使っていくと手前のタンポのようにカビが生えたり汚れがついてしまいます。

でもこれって沢山練習した証しなんですよね。

実際この程度の汚れ具合はまだまだましなほうです。 

ではタンポにカビが生えたり汚れが付いてしまう原因はなんなのでしょう?

 楽器を演奏した後に管内&タンポの水分を十分に取り除かないからです。

特に湿ったタンポの表面に汚れやホコリが付着した状態だと、

カビが生えやすい環境を作ってしまうことになります。

特にコンクール時期やコンサート、

湿気の多い季節は要注意です!

こうなってしまわないように、演奏後のお手入れだけではなく

練習中でもこまめに水分を取るメンテナンスをしっかり行いましょうね。

 

詳しいメンテナンス方法は次回のブログで紹介します!

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ