1. トップページ
  2. MTC(宮地楽器 指導者友の会)
  3. 今村央子公開講座 アナリーゼを演奏に生かそう!~「ソナタアルバム1」New Edition (音楽之友社 )を使って~

~標準版ピアノ楽譜New Edition~ 今村央子公開講座 アナリーゼを演奏に生かそう!~「ソナタアルバム1」New Edition (音楽之友社 )を使って~

生徒さんが「ソナタアルバム1」に進むころには、「様式感」や「構成感」を
踏まえた表現力を磨く時期に入ってきます。
アナリーゼは、偉大な作曲家が曲にこめた考えを知り、
表現や解釈の根拠を明確にするための第一歩です。
全体の見通しから細部を吟味すると同時に、細部から全体を練っていく、
という双方向の視点から、一音一音の意味をとらえ、演奏表現につなげましょう。

講座内容

  • 音楽を演劇に置きかえてみる
  • まずは曲の構成を大きく捉えるところから
  • 様々な対比がポイント!
  • 調関係を活きた音楽の中で確認する
  • モティーフはどのように展開されている?
  • この曲のユニークなところはここだ!
【教材】
標準版「ソナタアルバム1」New Edition(音楽之友社)
※当日会場でも販売いたします

講師プロフィール

今村 央子(いまむら ひさこ)

東京芸術大学附属高校、同大学作曲科卒業、同大学院ソルフェージュ科修了。伊藤国際教育交流財団の奨学金を得て渡仏。パリ国立高等音楽院和声科、対位法科、フーガ及び形式科を審査員全員一致の一等賞、ピアノ伴奏科を二等賞(一等賞なし)で卒業。帰国後は、自作初演を交えたピアノ・リサイタル、レクチャー・コンサート、伴奏、新作初演、雑誌連載等、作曲家=ピアニストとして独自の活動を展開。
主要作品に、尺八・三味線・チェンバロのため「LIMITCYCLE」、プリペアード・ピアノのための「Promenade」、「IN」~7人の奏者のための~等。作曲を尾高惇忠、故内田勝人、ピアノを勝谷壽子、D.メルレ、エクリチュールを故池内友次郎、野平多美、J.C. レイノー、J.C.アンリ、T.エスケッシュ、伴奏法を故アンリエット・ピュイグ=ロジェ、ジャン・ケルネル、アナリーゼを永冨正之、M. ビッチュ、指揮をJ.S.ベローの各氏に師事。1998年~2000年、2001~2004年東京芸術大学非常勤講師。現在国立音楽大学准教授。日本ソルフェージュ研究協議会理事。

日時

2021年826日(木) 10:30~12:30

会場

ららぽーとホール 
(ららぽーと立川立飛内、3F宮地楽器までお越しください)

多摩モノレール立飛駅 2階デッキ直結
お客様駐車場完備(3,100台収容)
  平日の駐車料金は無料です。

料金

宮地jet会員/MTC会員:3,500円
PTNA会員/大人の教養講座会員:4,500円
一般:5,500円
(各税込)

※前売り券は上記金額より500円引きになります。

お問い合わせ・お申込み

宮地楽器ららぽーと立川立飛店
【 Tel 】042-540-6636
【 営業時間 】10:00~21:00 年中無休

▲TOP