2009 年 のアーカイブ

 

★リコーダーイベント★第7回『大合奏を楽しもう!』

2009 年 11 月 22 日

毎回、ご好評を頂いております、リコーダーイベント

♪ 第7回 『大合奏を楽しもう!』 ♪ 

 rec

 

12月10日(木) 12:00~16:00 

小金井ホールで開催されます。

 

講師はおなじみの ・ ・ ・!! 

 

松浦孝成先生        

松浦先生写真

 

宮地楽器音楽教室小金井 ANNEX
リコーダー講師の庄司祐子先生

yuuko 

 

        【参加料金】   ※要予約

          ●MRC(宮地楽器リコーダーサークル)会員 ¥3,000

          ●一般   ¥4,000

 

         【曲目】

          ♪帽子を上げて ~Raise your Hats!~

          ♪メリークリスマス ~We wish you a merry christmas!~

         

☆. 。☆. 。  ☆. 。☆. ならではの雰囲気を        

リコーダーのに包まれて楽しみませんか?

            

当日はお手持ちのリコーダーをご持参下さい。

普段触る事の出来ない珍しいリコーダーを吹く事が出来るカモ ・ ・ ・ 

 5

 

 

●第7回『大合奏を楽しもう!』の詳細お申し込みはコチラ

●宮地楽器リコーダーのページはコチラ


 
 

第2回ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール

2009 年 11 月 22 日

今月27日より、八王子いちょうホールにて第2回ガスパール・カサド・国際チェロ・
コンクールin八王子が開催されます。チェロの国際コンクールとしてはかなりハイ
レベルなものです。第1次、第2次予選は無料で見学できますので、チェロファンの
皆様、是非お出かけになってみてはいかがでしょうか?

宮地楽器もこのコンクールをサポートさせていただいております。

Gaspar Cassado

ガスパール・カサドは、20世紀前半を代表する偉大なチェリストです。
カサドの妻で日本人ピアニストの原智恵子氏の主催により、カサド没後の
1969年以降1990年まで、若手音楽家発掘のためのコンクールが
フィレンツェで開かれていたのです。

しかし原智恵子氏が体調を崩して日本へ帰国すると、10回の歴史を持つ
コンクールも途絶えてしまいました。原氏の遺志を聞いた八王子の市民有志が、
コンクール復活に向けて立ち上がり、ついに2006年、日本の八王子の地で
復活したのがこのコンクールです。今回が2回目となります。

コンクールの公式サイトはコチラ

 

若い音楽家の演奏に触発されてチェロを習いたいと思われた皆様は
ぜひ宮地楽器音楽教室のチェロ無料体験レッスンにお越しください。

宮地楽器八王子センターをはじめ、都内各センターにて受付中です。

レッスンに関する詳細はコチラです。


 
 

サイレントピアノ話題の新商品 好評展示中です!

2009 年 11 月 20 日

ヤマハサイレントピアノの話題の新商品 【YC1SG】 を只今、好評展示中です。

この新商品の魅力は、とにかくスリムでコンパクト、しかも軽量
周囲や時間を気にせず楽しめる人気のサイレント機能も搭載しています。

 

PICT0124

 

置きたかったあの場所にすっきりフィットする、ヤマハピアノの中では最小設計*。
   (*日本国内で発売のヤマハアコースティックピアノ現行モデルとの比較)

 

PICT0126

YC1SG  ¥732,900 (メーカー希望小売価格)

 

通常、スタンダードタイプのアップライトピアノサイズは
  YUS3/ 高さ 131cm × 奥行 65cm × 間口 153cm × 重量 247kg
  YUS1/ 高さ 121cm × 奥行 61cm × 間口 152cm × 重量 229kg

 

新商品 【YC1SG】 はそれに比べて
   高さ 112cm × 奥行 53cm × 間口 149cm × 重量 204kg

非常にコンパクトサイズであることがご理解いただけると思います。

 

コンパクトゆえに、スタンダードタイプと音色比較をしてしまうと、確かに物足りなさが
出てしまうことは否めませんが、今まで大きさや重量からアップライトピアノの購入を
断念されていたお客様には本当に朗報です。

 

やむなく電子ピアノではなく、本物のピアノを。

 

おすすめの新商品です。

 

PICT0127

 

お子さんに人気のキリンちゃんとの背くらべに、是非お出かけ下さい。

 

宮地楽器小金井店ショールーム ℡.042-385-5585


 
 

2009弦楽器フェアに出展しました!

2009 年 11 月 10 日

九段下 科学技術館において10/30~11/1に開催された
「2009弦楽器フェア」に、今年も出展いたしました。

こちらが宮地楽器小金井店のブースです。

PA311313

今年も、イタリア・クレモナ在住の弦楽器製作家 菊田浩氏、高橋明氏、
天野年員氏をお迎えし、その作品を展示しました。

P1020315

PA311315

 2009年製作の最新作をはじめ、コンクールに入賞した楽器も展示。

たくさんのお客様に弾いていただきました。

製作者にとっても、お客様の生の声を聞ける良い機会です。

P1020333

宮地楽器のほかにも、弦楽器製作家をはじめ、弦楽器の卸売・小売業者、
パーツや材料を扱う業者などがたくさん出展しています。

 

ここで少しご紹介。

 

宮地楽器もお世話になっている卸売業者のブース。家具調の展示がオシャレ。

PA311319

 

こちらは赤い壁紙とステキな絵が印象的。

PA311328

 

ずらっと並ぶチェロとコントラバス。壮観です。

PA311338

 

       PA311325PA311326PA311322

駒、ニス、木材など、弦楽器作りに欠かせない材料もずらりと並びます。

弦楽器の演奏だけではなく、製作に携わる人々にとっても、このフェアは貴重な
機会なのです。

 

さて、宮地楽器のブースに戻ります。

日本人製作家3氏の楽器を弾いてみたいというお客様、すでに彼らの楽器を
お使いいただいているお客様などで、ブースは溢れかえりました。

製作者もスタッフもうれしい悲鳴です。

PA311342

最後に、お三方とスタッフで記念撮影。大変な3日間でしたが、大盛況に終わり、
思わず笑みがこぼれます。

P1020340

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

 

さて、後日、菊田氏・天野氏に引き連れられたイタリア人製作家たちが、集団で
宮地楽器にいらっしゃいました。

 

菊田氏の師ニコラ・ラザーリ氏をはじめ、みなさん宮地楽器でもその作品を
扱ったことのある優れた製作家なのですが、フェアも終わり、くつろいだご様子。

P1020345

 

店内で記念撮影。また来年九段下で!

P1020354

お陰様をもちまして、2009弦楽器フェアは無事に終了いたしました。
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

 

宮地楽器小金井店では、菊田氏・高橋氏・天野氏の楽器をご試奏いただけます。

彼らのプロフィールや楽器については、こちらをご覧ください


 
 

春畑セロリ先生公開講座 大盛況で終了致しました!

2009 年 10 月 30 日

10月27日(火)に当店小金井ホールで開催致しました
春畑セロリ先生によるピアノ公開講座をレポートさせていただきます♪

MTC(宮地楽器指導者友の会)第123回ピアノ公開講座

春畑セロリ 公開講座
 ~ブルクミュラー徹底解剖~ 分析力・発想力・表現力を鍛えよう!

 

会場はご覧の通り、満員です!
たくさんの先生方にご参加いただき、ありがとうございました!

haruhata1

ブルクミュラーの新しい指導法を見つけよう、という内容の今回の講座。

セロリ先生の軽快なトークで会場は和やかムード♪

笑いの絶えない楽しい講座となりました。

ブルクミュラーの中からいくつかの曲をピックアップして、演奏を交えながら解説。

各曲の味わいどころはどこか、
そこをどのように生徒にアプローチしていくか・・・などなど、
すぐにレッスンに取り入れたいアイディアをたくさん紹介して下さいました。

haruhata2

講座終了後の質疑応答コーナーも大盛況!

教材楽譜をご購入いただいたお客様へ、セロリ先生による
サイン会もございました。

haruhata3

MTC(宮地楽器指導者友の会)では、これからも先生方に役立つ講座を
企画・開催させていただきます。

次回もどうぞお楽しみに!


 
 

バイオリンの聖地クレモナへ 10月30日19時放送!

2009 年 10 月 27 日

10月30日から11月1日まで、科学技術館にて弦楽器フェアを開催致します。

宮地楽器も出展しておりますので、ぜひお越し下さいませ。 

さて、ちょうど科学技術館での弦楽器フェアの初日に、BSジャパンで
クレモナの弦楽器製作を取り上げた番組が放送されます。

Bs japan

クレモナ在住で、宮地楽器ご推薦の製作家、菊田浩氏・高橋明氏・天野年員氏が
出演されています。ぜひ一人でも多くの方にご覧いただければと思います。

番組のホームページはこちらです。


 
 

クレモナ・トリエンナーレ&モンドムジカ訪問記 4

2009 年 10 月 27 日

クレモナの街を抜け出し、郊外にやってきました。

ちょっと和風な佇まいのこの庭の持ち主は、、、、

4-1

クレモナでもトップクラスの製作者として名高い、Corrado Belliさんのお宅です。

4-2

美しい楽器は、美しい環境から。整理整頓の行き届いた清潔な工房から、
彼の普段の仕事ぶりが窺えます。

4-3

途中で立ち寄ったレストラン。クレモナ郊外には、こうした美しい
田園風景が広がっています。そろそろ秋の装いです。

4-4

クレモナの街に戻り、ちょうどストラディヴァリ博物館で開催中だった
アマティ、ストラディヴァリなどの名器のコレクションの展示を見ました。

4-5

ストラディヴァリの裏板は、まるで夕日を思わせる美しさです。

4-6

その後、トリエンナーレの歴代の優勝作品が展示されている事務局を
訪ねました。

4-7

それぞれの楽器はどれも美しく、コンクールの歴史を物語っているようです。

 

4-8

最後にもう一度、今回のトリエンナーレの参加作品の展示を見てみたく
なりました。私が気になっている楽器は、、、、

4-9

クレモナで活躍中の製作家、菊田浩さんのヴィオラです。

今回、ヴィオラだけで100本の強豪がひしめくなか、第7位の高得点を
マークしました。ヴィオラ部門でのコンクール参加は初めてだそうですが、
うれしい結果です。また、同じくヴィオラ部門で参加の高橋明さんも
10位に入賞しており、私たちにとってうれしいニュースでした。

4-10

こちらは菊田氏のヴァイオリン。今回は惜しくも上位入賞を
逃しましたが、ヴィオラに負けず大変美しい仕上がりです。

4-11

今回トリエンナーレに出品した菊田氏のヴァイオリン、ヴィオラは
10月30日から科学技術館で開催される弦楽器フェアで、手にとって
ご覧いただけます。
同じくクレモナで活躍中の高橋明さん、天野年員さんと一緒に来日
予定ですので、ぜひ皆様ご来場ください。

弦楽器フェアの詳細はこちらへどうぞ

4-12

最後に、クレモナのシンボル、ドゥオーモとトラッツオのライトアップです。

『どんな素人がカメラを向けても絵になる』風景だそうです。

次回のコンクールはまた3年後。
毎年新たな挑戦を続ける製作家の将来が、本当に楽しみです。


 
 

ルイ・レーリンク トーク&コンサート実施報告

2009 年 10 月 21 日

先日こちらのブログでもご案内させて頂きましたが、10/17(土)にピアニストの
ルイ・レーリンクさんをお招きして、宮地楽器音楽教養講座、トーク&コンサート
「世界のピアノを比較する~ピアノの故郷を巡る旅~」が開催されました。

rui_1017-1

毎回、開催の度にご好評を頂く人気企画ですが、今回も多くのお客様に
ご来場を頂きました。

rui_1017-3

今回のコンサートに使用したピアノは、手前から順に

日本が世界に誇るピアノメーカー【ヤマハYUS1MhC】、ショパンが愛したピアノで
有名なフランスの【プレイエルP115Academy】、世界3大ピアノのひとつとして
おなじみのドイツ(旧西ドイツ)【ベヒシュタインClassic118】、南ドイツ・ウィーン派の
ピアノづくりの伝統を受け継ぐドイツ(南部)の【ザウター116Vision】といった
4台のアップライトピアノを使用しました。

 

会の冒頭で、ルイさんに同じ曲を4台のピアノで弾き比べて頂き、どのピアノの
音色がお好みかアンケートをとりました所、ベヒシュタインが一番人気。

rui_1017-5

ルイさんの楽しいお話と素敵な演奏で会は進行していきます。

rui_1017-2

各国の国民性や、メーカー毎のピアノづくりの違いや特徴について、
作曲家がどのメーカーのピアノを好んだのか、またその理由は・・・等々、
様々なお話を聞く事が出来ました。

リスト/なぐさめ、ブラームス/インテルメッツォ・・など、素敵な演奏の
数々により、あっという間に時間が過ぎていきました。

 

最後にもう一度、会場の皆様にお好きなピアノのアンケート。

rui_1017-4

最後のアンケートで一番人気となりましたザウターのピアノで
「赤
とんぼ」 を演奏して頂き、盛況のうちに終了となりました。

ご来場頂きました皆様、どうもありがとうございました。

 

 宮地楽器小金井店では、今回使用したピアノをはじめ様々なピアノを
常時店頭にご用意致しております。皆
様も各メーカーの音の違いを
是非ご体験下さい。

 様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち致しております。

===========================================

 

宮地楽器小金井店ショールーム  ℡ 042-385-5585


 
 

クレモナ・トリエンナーレ&モンドムジカ訪問記 3

2009 年 10 月 21 日

トリエンナーレの翌日から、弦楽器の見本市、モンドムジカが開催されました。

3-1

見渡す限り、弦楽器関係のブースで埋め尽くされています。

3-2

 

毎年、趣向を凝らした展示が楽しめます。

3-3

 

弦楽器製作用材の販売もさかんに行われています。
製作家にとっても、大切なイベントなのです。

3-4

 

日本でも人気のBAMケース。新商品をいち早く見ることができます。

3-5

私の大好きなマンドリンもみつけました。

3-6

宮地楽器ご推薦の製作家、Pascal Hornung(パスカル・ホルヌング)さんも
ブースを出していらっしゃいました。

3-7

 

途中で見つけたすごいピアノ。 

ダブルピアノって言っても、どうやって弾くんでしょう??

3-8

足でも弾くんですね。

3-9

展示会場では、こうしたミニコンサートも常時行われています。

3-10

こうした弦楽器最大の祭典が、丸3日続くのです。たくさんの楽器に囲まれて
幸せなのですが、私たちにとっては真剣な仕事の場でもあったりします。

次回は、モンドムジカとともに深まっていく秋のクレモナの風景です。


 
 

ショーウィンドウにスティッチ出現☆!!

2009 年 10 月 18 日

秋晴れが続き、さわやかな風が心地よい季節となりましたが、

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、今回はショーウィンドウにかわいらしいスティッチが登場いたしました★

SW10-2BB

 

 ブラックボードにも書かれていますが、

小金井店ではアニメスタートを記念して、スティッチグッズを入荷いたしました♪♪

SW10-2NOTE

↑こちらは…たっぷり入るペンケース

全柄4種類のメモ帳です○

SW10-2PEN

↑こちらは…スクランプのチャーム付きシャープペン

クリアブルーの消しゴム

キラキラシール付きレターセットです○

 

思わず全部集めたくなってしまう、とってもかわいらしいグッズばかりです!

限定商品ですので、ちょっとでも気になった方はお早めに…

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

 

宮地楽器小金井店ショールーム ℡.042-385-5585