2013 弦楽器フェア 出展のご報告

2013 年 11 月 10 日

日本弦楽器製作者協会主催 2013 弦楽器フェア(第56回 弦楽器展)が、
11月1日(金)~3日(日)に開催されました。
このイベントは、国内外の製作家・弦楽器業者が一堂に集い、最新作や新商品を紹介する、国際的な弦楽器展示会。作品を自由に試奏したり、コンサートを楽しんだりと、「見て・聴いて・弾いて」楽しめる展示会です。

宮地楽器は今年も、菊田浩氏らをはじめとした日本人製作家7名を迎え、この弦楽器フェアに出展しました。
多くの方にご来場頂き、大盛況となったフェアのもようをご報告いたします。

 

↓ こちらが宮地楽器小金井店のブース。

宮地楽器ブース

 

↓ 今回宮地楽器のブースで作品を展示していただいた製作家たち。
左から、菊田浩氏、高橋明氏、天野年員氏、そして今年からメンバーに加わって頂いた高橋尚也氏、西村翔太郎氏、百瀬裕明氏、鈴木郁子氏。
出品製作家

↓ 彼らの作品が宮地楽器のブースに並びます。今年は初めてチェロ(西村氏作)も展示しました。
宮地楽器ブース

↓ 宮地楽器のブースは出入り口のすぐ近くだったこともあり、常に盛況でした。
  混雑時にはブースから人があふれるほど。
宮地楽器ブースの様子

特に菊田浩氏、高橋明氏、天野年員氏には、彼らの作品を愛用している方が大勢会いに来て下さいます。
製作家たちはその一人ひとりとじっくりお話をします。
お客さまにとっては、製作家と直接会って話すことのできる貴重な機会ですが、製作家にとってもこのフェアは、自分の作品を使用している方の生の声を聞くことができる大切な場なのです。

製作家とお客様

 
ここで他の展示ブースもご紹介。

他展示ブース
日本弦楽器製作者協会の会員のブースが並んでいます。
宮地楽器で作品を取り扱う猪子宏明氏の姿も見えます。

他展示ブース

いつも趣向を凝らした展示で楽しませてくれる卸売業者のブース。
カーボンヴァイオリン・カーボンチェロも展示されていました。


←フランス製の人気ケース bam の新商品。本物の牛革が張ってあります!カラフルなケースカバーもこれから人気が出そうです。
↓肩当てや便利な小物のかわいい展示が目を引きます♪
他展示ブース

他展示ブース

弦楽器フェアではヴァイオリン族以外の手工弦楽器も展示されています。
ギターやマンドリンのほか、普段目にする機会の少ない珍しい楽器も見受けられました。

 

宮地楽器ブースと製作家

最終日、3日間ブースに立ち続けた製作家たちはさすがにお疲れの様子ですが、たくさんの方に作品を弾いて頂き、製作家にとっても宮地楽器にとっても大変充実した3日間となりました。

宮地楽器のブースにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!

 

★今回の弦楽器フェアでご紹介した製作家の作品は、宮地楽器小金井店でもお試しいただけます。
 気になった作品があったという方は、ぜひお早めにお問い合わせください!

日本人製作家の作品紹介ページへ

お問い合わせ・来店のご予約 (メールフォームが開きます)