レッスンレポート

ウクレレ体験レッスン受けてみました

ハワイの定番楽器のウクレレ。
とても小さい楽器なので、女性でも簡単に持つことができます。さらに音色は可愛らしく、とても癒されます。
今回はウクレレ未経験のスタッフが若森先生のレッスンを体験してみました。

講師

レッスンスタート!

step01

ウクレレの各部名称を教えてもらいます

ブリッジにネックなど、ウクレレの各部に名前がついていることを初めて知りました。
レッスン中にも出てくる言葉なので、必ず覚えておきましょう。

step02

ウクレレを持ってみます

左手の親指と人差し指の間にネックを置くように持ちます。
ぎゅっと持たず、添えるようなイメージです。
右腕でウクレレの本体を挟みます。

ですが、体験レッスンのときに長袖を着ていたため、ウクレレ本体が滑ってうまく挟めません…
「半袖で演奏するとウクレレが滑らないので持ちやすいですよ。よくアロハシャツで演奏しているのは、ウクレレを演奏しやすくするためでもあるんですね。」
と先生が教えてくれました。
ウクレレを弾く時にアロハシャツで演奏するのは、ちゃんとした理由があったんですね。

step03

C・F・G7コードを教えてもらいます

ウクレレでC・F・G7コードを弾けると、いろいろな曲を弾き語りができるそうです。(ハワイの定番ソングの「アロハオエ」、「ハッピーバースデートゥーユー」など)
たった30分の体験レッスンなのに、弾き語りが教えてもらえることに驚きです!
この時に先生が、弾き語りのお手本を演奏してくれました。
「これなら私でも出来るかも!?」とモチベーションが上がります。

この指の形はCコードです
step04

C・F・G7・Cの順番でコードを弾きます

簡単そうだと思いましたが、実際に弾いてみると普段使わない指の動きが必要なのでなかなかうまく弾けません…
けれど、若森先生が優しく根気強く教えてくれるので、安心して弾くことができます。
途中で力が入り脇が開いてしまいましたが、「上手に弾くコツは脇を開かずに脱力して弾くこと」と教えてもらえました。
最後はなんとかコードが弾けましたが、スムーズに弾くためにはもっと練習が必要だなと思いました。

レッスン終了!

体験してみて

ウクレレは小さくて軽いので、あまり力がない私にも楽に持つことが出来ました。
弦の押さえ方にはコツが必要ですが、先生のレッスンを継続すればばウクレレを弾くことが出来そうです。

音が可愛らしくて、レッスン中に音色を聞いているだけでもとても癒されます。
ハワイの音楽が好きな人や体に負担が少ない楽器を演奏したい人は、ぜひ若森先生からウクレレを教わってみてはいかがでしょうか。

講師プロフィール

体験・見学について

ホームページ、ご来店、お電話で体験レッスン・レッスン見学へのお申し込みができます。
ホームページからご予約の場合は、お申し込みをいただいた教室にて確認ができ次第、折り返しメールもしくはお電話にて連絡をいたします。連絡がない場合は、ご予約のお申し込みが出来ていない可能性がございますので、お申し込み教室へご連絡をいただけますようお願いいたします。

  • 宮地楽器のレッスンは、曜日・レッスン開始時間・担当講師は固定で、月謝制です。体験レッスンにお申し込みの際は、ご継続しやすい曜日・時間帯をお知らせください。※一部、チケット制のコースあり
  • 体験レッスンは、入会をご検討の方に向けて、実際のレッスンの雰囲気や指導内容を知っていただくために行っております。
  • 体験レッスンはお1人様1回無料でご受講いただいております。
  • 18歳未満の方からのお申し込みには保護者様の同意が必要です。
  • やむを得ない事情で体験レッスンをキャンセルされる場合は、必ずレッスン開始時間までにお申し込み教室へご連絡ください。

教室情報

MUSIC JOY 渋谷

  • 〒150-0031東京都渋谷区桜丘町24-1 橋本ビル(受付5F)
  • Google Mapで見る
  • 交通アクセス

    JR 渋谷駅 徒歩5分
  • 03-5456-8300
  • 03-5456-0027
  • OPEN10:00 CLOSEは当面の間、レッスンが終了次第閉店とさせて頂きます。 (基本は平日は21:30まで、土曜20:00まで、日曜18:00まで、祝休み、臨時休業有)

MUSIC JOY 渋谷へのご質問、開講コースへのご質問等、お気軽にお問い合わせください。