ヴォーカル講師・寺内知代枝先生にインタビュー!

 宮地楽器 > 音楽教室TOP > MUSIC JOY吉祥寺 > 講師インタビュー > ヴォーカル 寺内知代枝先生インタビュー

第1回 MUSIC JOY 吉祥寺講師インタビューは、ヴォーカル講師の寺内先生です!
いつも元気で笑顔が素敵な寺内先生。今回は先生に「ミュージカル」について突っ込んでインタビューしてみました♪

ヴォーカル講師 寺内知代枝先生

講師インタビュー、記念すべき1回目は、寺内知代枝先生です〜!!まずは簡単に、自己紹介をお願いいたします!

こんにちは、寺内知代枝です!
MJ吉祥寺ではヴォーカルコース、滝山センターでは健康と音楽コースを担当しております。昭和音楽芸術学院(現:昭和音大)ではミュージカルを専攻し、歌の他に芝居、ダンスを勉強してきました。

ミュージカル専攻!?詳しく教えてもらってもいいですか?

例えば午前中はずっと芝居の授業、はたまた午後は歌って踊る授業だったり・・・と、とにかくミュージカルに関連する授業がいっぱい。ダンスはオールジャンル、レッスンがありました。Jazz、タップ、バレエのほかにHIP HOPなんかも。舞台を創るのが試験だったんですよ。大学生活は大変な事も多かったですが、とても充実していましたね。

それは楽しそう!大学で専門的にミュージカルを学んだ経験って、とても貴重ですね。

表現に関わる"身体のメカニズム"というものを、実感をもって習得できたことが、今も歌うときに生きていると思うんです。
たとえば「ありがとう」という感謝の気持ちで言葉を発する時と、「今から怒るぞ!」って思って息を吸う時では、違った息の吸い方をするんです。息を吸った瞬間に、次に出てくる言葉はもう決まっているんですね。それは芝居の授業から学びました。
それがそのまま、歌詞に気持ちを乗せたり、歌で感情を表現したり、という時に役立っていると思います。

ヴォーカル講師 寺内知代枝先生

なるほど〜・・・。大変興味深いです!
そもそも先生の歌との出会いって何だったんですか?

私の音楽のルーツは、ずばりブラックミュージックです!叔母が特にマイケル・ジャクソンが大好きで(^^)その影響で、小学生の時に来日公演を見たことは今でも覚えています。
加えて小さいときからクラシックバレエを習っていて、舞台に上がる事にも興味があったんです。だからその後、ミュージカルの舞台に立ちたい!という夢をもってミュージカル科へ進んだのも、自然の流れだったんですね。

先生がレッスンで生徒さんに求めることはなんですか?

「目的、目標を明確にもっていただく」という事です。趣味の方もプロを目指す方も、そこは変わりません。例えば「カラオケで上手く歌えるようになりたい!」とか。ただなんとなく・・・ではなく、やはり目標があった方がレッスンに対する意欲も沸きますし、それがきっと、歌を長く続けていくコツでもあると思います。

歌(ヴォーカル)の魅力とは、ズバリ何でしょう?

楽しい!悲しい…などの自己表現が"楽器を持たずに"できるところでしょうか。音楽には、それぞれの方にとっての「自分の正解」があります。歌は自分の身体が楽器ですので、「これだ!」と正解を発見できた時の喜びはひとしおだと思います!

ヴォーカル講師 寺内知代枝先生

それでは最後に、歌以外で
先生の好きなもの、好きなことを教えてください(^o^)!

ワインが大好きです!!!
週2本は飲んでるかな?実は、いつかワインエキスパートの資格を取ろうと思っているんです(^^)(まだまだ勉強中ですが・・・。)
歌もそうですが、間口は広く!でも奥深い!という世界が好きなんですね。

― ワインエキスパート!女優の川島なお美さんももってらっしゃる資格ですよね!(かっこいい・・・!!)
終始笑顔でインタビューに答えてくださった寺内先生。
元気の秘訣はワインにあったようです。

★HPを見ている方へ一言★

音楽のステキさ、うたうことの心地よさ、楽しさを味わってください!
レッスンでお待ちしています♪

無料体験レッスンのご予約 講師プロフィールはこちら