1. トップページ
  2. 楽譜・書籍
  3. 特集・「交響曲第九番」を読む

Attention Please! 特集・「交響曲第九番」を読む

2017.12

年末年始を彩るクラシック曲の代名詞として
ベートーヴェン作曲「交響曲第九番」が知られています。
日本では「第九(ダイク)」として親しまれ、
特に年末の合唱曲として取り上げられることの多い楽曲です。

今月は、ベートーヴェン「第九」に関連する読み物についてご紹介いたします。

《第九》虎の巻
歌う人・弾く人・聴く人のためのガイドブック

曽我大介・著 音楽之友社
2,052円 (本体価格1,900円+税)

所々に挿入された豊富なコラム、巻末の《第九》音楽用語・合唱用語辞典等も用意された、《第九》情報満載のガイドブックです。

ベートーヴェンの交響曲 理念の芸術作品への九つの道

マルティン・ゲック・著 / 北川 千香子・訳 音楽之友社
3,456円 (本体価格3,200円+税)

国際的に著名な音楽学者マルティン・ゲックによる論考。単なる楽曲解説を超え、ベートーヴェンの交響曲の歴史的および思想的な背景を照らし出す、他にはない交響曲解説書です。

ベートーヴェンの第9交響曲 分析・演奏・文献

シェンカー・著 / 西田 紘子、沼口 隆・訳 音楽之友社
5,184円 (本体価格4,800円+税)

オーストリアの音楽理論家ハインリヒ・シェンカー(1868-1935)が、ベートーヴェンの第9交響曲を分析した研究書の全訳が掲載。専門の研究者はもちろん、「第9」を演奏してみよう、聴いてみようとするすべての人にお勧めする一冊です。

新書 第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話

中川 右介・著 幻冬社
907円 (本体価格840円+税)

この曲が歴史を変えた!祝祭で、追悼式で、ヒトラー誕生祝賀で……。 人類の遺産となった名曲200年史。ある時は祝祭、ある時は鎮魂――そんな曲は他にないと言えるでしょう。演奏時間は約70分と長く、混声合唱付きで、初演当時は人気のなかったこの異質で巨大な作品が「人類の遺産」となった謎を追います。

<第九>誕生 1824年のヨーロッパ

ハーヴェイ・サックス・著 / 後藤 菜穂子・訳 春秋社
3,024円 (本体価格2,800円+税)

今や年末恒例の風物詩・第九。バイロンの死の直後に初演された第九は、西洋文化史を一変させる衝撃作となりました。当時の政治状況と、同時代の詩人・画家の証言から、第九誕生の背景とそこに込められたメッセージを探ります。

ベートーヴェン・ベア

2,052円 (本体価格1,900円+税)

スコアを手にしてベートーヴェンに扮したベアがとってもキュート!髪型や服装にもご注目下さい♪足が折り曲げられるので、座らせることも出来ます。お部屋やインテリアのモチーフに。音楽好きの方にプレゼントにも最適です。

※輸入楽譜の価格は為替レートにより、多少変動する場合がございます。
※いずれも在庫数に限りがございます。万が一品切れの場合はお取り寄せになりますので、予めご了承下さい。

通信販売について

当店楽譜・書籍コーナーでは、多摩地区最大級の常時約30,000冊のタイトルをご用意。輸入楽譜は常時約5,000冊ございます。入門者向けの教本・教材から音大生、専門家の方まで対応できる幅広いジャンルを取り揃えております。通常在庫以外の国内外楽譜や、複数冊のお取り寄せも可能です。

直接店舗にご来店いただくことが出来ないお客様向けに、通信販売も承っております。
詳しくは下記「通信販売について」ページをご覧ください。

お電話でのご注文
【TEL】042-540-6636
  • 特集バックナンバーを見る
  • 閉じる
▲TOP