メンテナンスブック タグのついている記事

☆磨きの手順を紹介します☆

以前【銀メッキの磨き】についてお伝えしましたが、今日は磨きの手順についてお伝えしていきます。

TP-migaki1

こちらの修理品はケーシングについている黒い線を消して下さい!との事だったんですが、なぜこの黒い線がついてしまったのでしょうか…

TP-migaki2

答えはグライムガーター(バルブケーシング用唾受け)を付けたまま長い間ケースにしまっていたからです。○で囲ってある箇所は特に目立ちますね。

ではこの線を綺麗に落とす手順を紹介していきます。

TP-migaki3

最初に表面の油分をとるためにマウスピースクリーナーを吹きかけます。表面の油分を取ることで磨き剤の効果がより発揮され直接汚れを落とす事ができます。

Tp-migaki4…マウスピースクリーナーで表面の油分を取っている様子

TP-migaki5

次に磨き剤を汚れている箇所につけ、綿棒やクロスで拭きとります。

TP-migaki6

黒い線が綺麗に消えましたね!

TP-migaki7

磨き剤の拭き残しがあるとこれも汚れになってしまうのでマウスピースクリーナーを吹きかけ油分を落とします。

Tp-migaki8

最後に綺麗なクロスで拭き上げ…

Tp-migaki9

どうですか?黒い線があったようには見えませんよね?

こんなに綺麗になるなら自分でもやってみたい!と思う方はこちらの商品がオススメです♪

自分で磨くのは面倒だと感じるようでしたら当店まで楽器をお持ち下さい。

『メール便対応可:代引・日時指定不可』はじめての管楽器メンテナンスブック(金管楽器編)『修理』『リペア』『参考書』『書籍』
また、このようなメンテナンスブックを活用してみてはいかがでしょうか。
トランペットのトラブル解決法等役立つ情報が満載です。

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

メールでのお問い合わせはコチラ

ロータリー用替え紐『ダイヤモンドコード』新登場!

ホルンやトロンボーンのロータリー用替え紐『ダイヤモンドコード』が新入荷しました♪

その名の通り、ダイヤモンドがコーティングしてある、強度の高い替え紐です!

ロータリー用ダイヤモンドコード

ロータリー用ダイヤモンドコード 4本セット ¥630
★画像をクリックするとご購入ページが開きます

この替え紐は、高強度で耐熱性にも優れた特殊繊維を使用し、さらにその繊維を
京都の伝統工芸の組み紐と同じ方法で組み上げてあるため、とにかく強い替え紐です。

通常の替え紐は1m単位で販売されていて、ハサミなどで切って使用しますが、
このダイヤモンドコードはとにかく強く、ハサミやカッターで切ることができないため、
カットされた状態で4本セットになっています。

ちなみに、ホルンの名門メーカー ヴェンツェルマインルは、上位機種にこの紐を標準装備しています。

ロータリーの紐は1年に1回ほど交換することがおすすめです。
また、急に切れてしまうこともありうるので、特にホルン吹きは予備として持っておくことをおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紐の交換の仕方が分からない・・・という方にはコチラ↓↓

『はじめての管楽器メンテナンスブック(金管楽器編)』
ヤマハミュージックメディア 著:東京藝術大学講師・山領茂 ¥1,785

はじめての管楽器メンテナンスブック(金管楽器編)

★画像をクリックするとご購入ページが開きます

楽器の構造、日頃のお手入れのポイント、トラブルが起きたときの解決方法などが、
豊富な写真入りで分かりやすく解説されています。
金管楽器必携の一冊です!