ファゴット タグのついている記事

マメにお手入れ!木管楽器編 vol.1

2月3日の節分にちなんで、2月はマメにお手入れしよう月間です!

・・・とは言え、お手入れするのが面倒臭い、時間が無い、という方も多いハズ。

そこで、そんな皆様に向けて

簡単にすぐにキレイになる「時短お手入れグッズ」をご紹介いたします☆

 

木管楽器編vol.1の今回はコチラです!

セルマー 吸水シート ¥1,260

タンポやトーンホールの水分や汚れを拭き取れるシートです。

シリコンゴム製の為、吸水性&耐久性に優れており、

ペーパーのように破れてタンポに張り付いてしまう心配がありません

また、洗って繰り返し使えるので、とっても便利です♪

 

台形型のシートはタンポの大きさに合わせて使い分け、

スティックタイプは音孔や狭い隙間に使用すると効果的!

自分好みのサイズに切ってみるのも良いですね♪

 

2月23日(日)まで【メンテナンス用品15%OFFセール】開催中!

メルマガ会員はもっとお得な20%OFFです!

 

この機会をお見逃しなく!

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。

 

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

 

 

お急ぎの方必見!楽器の点検は今がチャンス!木管編

 

お急ぎの方必見!楽器の点検は今がチャンス!!

今日は木管楽器の方々に朗報です!

 

梅雨入りした今の季節、

キィの下に付いている丸いスポンジの様な部品「タンポ」が、湿気の影響でベタつきやすくなっているので、

演奏中にペチャペチャと雑音がする方もいるのではないでしょうか?

 

実はこの「タンポ」、本当にスポンジの様に水分を含んでしまうので、

演奏後にクリーニングペーパーでしっかり水分を除去しないと、キィにガタつきが出てきてしまいます。

ガタつきが出ると、キィとトーンホールの間に隙間が生まれ、息が抜けてしまうのです。

さらに、キィはそれぞれ連動しているので、1ヶ所悪くなっただけで他の箇所にも影響が出てしまうのです。

 

つまり!

「音が出づらい」「吹きづらい」と悩んでいる方、原因はコレかも!?

 

「そんな症状は無い!」と言う方も、毎日演奏していると自然に身体が楽器に慣れてきてしまうので、

実はもっとラクに吹けたり、今より良い音が出るようになったりするかもしれません。

 

 ← こちらの画像のように、管内に光を通して「隙間チェック」をします。

 

「タンポの狂いによるキィのガタつき等の調整」は、通常「バランス調整」と呼んでいます。

修理代金は 約1万円前後 (楽器によって異なります) ですが、

キィをすべて分解し、管内洗浄&オイル注油も一緒に行なうので、

吹きやすくなるだけでなく、楽器もピカピカ、キィ動作も滑らかになります!!

 

楽器お預かり修理期間は 通常約1週間 ですが、

今ならご要望も承っております!!

もう少し早めにご返却できるかもしれませんので、是非ご相談ください。

 

コンクールや発表会など、これからの大事な晴れ舞台直前では、手遅れになるかもしれません!

今のうちに楽器の状態を万全にし、毎日の練習に励みましょう!!

ご来店心よりお待ちしております♪

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

東京都小金井市本町5-15-9

 

※2013/06/12 現在

 

 

コルクのお話

木管楽器の皆さん~

ピッコロやクラリネットのジョイント部分に巻かれたコルク サックスのネックコルク それから、下の画像にもあるファゴットのU字部のコルク等

特にゆるくないし、欠けてもいないから何年も交換した事がないという方いらっしゃいませんか?

最近響きが物足りなくなったなあ~と感じているとしたら、コルクの交換をお薦めします。

新しいコルクに交換すると機密性が上がりますので、響きも良くなり、息もスムーズに入るようになりますよ。

ただしメカニズムがしっかり調整されていないと話しになりませんが・・・・・・

メカニズムについてはまた別の機会にご説明します。

あ、忘れていましたが、フルートの頭部管に入っているヘッドコルクも同じです。頭部管にコルクが入ってたの?という方のために、いつか画像をお見せします。

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ