クリーニングペーパー タグのついている記事

洗浄特集 Vol.5 【サックス&フルート編】 特別編:タンポのカビ

さて、洗浄特集Vol.5はVol.4の特別編として、「タンポのカビ」についてご説明致します。

 

人類はカビによる恩恵を多大に受けておりますが、楽器のカビはあまり有難くありません。

そこで、まず初めに、カビの有無の確認。

ご自身の楽器ケースを開けてカビ臭がすれば、完全にアウトです。

間違いなくカビは発生しており、おそらくケースの湿度も高めのはずです。

 

この場合、重要なのは「ケースにカビがあるのか?楽器にカビがあるのか?」を見極める事です。

もちろん、両者という大変残念な結果もございます。

長年保管されていた楽器はカビが発生している可能性が高い為、

カビ臭がするか両者とも必ずご確認下さい。

 

カビは、まれに管体に発生することがありますが、ほとんどはタンポに発生致します。

拡大しますと…

縁にしっかり発生していますね…

カビはタンポ表面の皮を分解し、楽器の気密性を悪くさせます。

また人体への影響も無いとは言えません。

クリーニングペーパーや吸水シート等で、しっかりお手入れしましょう!!

下は洗浄前後と全体の画像になります。

洗浄前→  洗浄後→

 

全体画像↓

カビ自体は簡単にクリーニング出来ます。

店頭にて詳しくご説明致しますので、是非ご来店下さい。

 

ケースも忘れずにしっかりクリーニングしましょう!!

除菌消臭スプレーも良いですが、日干しするのが1番効果的かもしれません。

直射日光を当てると、内張りの変色や色落ちの可能性があります為、

布を掛けたりすると良いかと思います。

 

 

次回のvol.6もお楽しみに!

乞うご期待♪

 

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

サックスのお手入れ【第三回:使える商品!】

みなさんこんにちは!

今回も前回に引き続き、

サックスのお手入れについて書きたいと思います!

 

前回はタンポのお手入れ方法について書きましたね。

そのなかでクリーニングペーパーというものを使いました。

前回の記事の注意点にも書きましたが、

クリーニングペーパーは使っている途中で破けてしまうことがあるんです

そして破れたクリーニングペーパーの紙片がタンポやトーンホールにくっついてしまい、

それを取り除く際にタンポを傷つけてしまう心配があるんです。

せっかくタンポをきれいに保つためのお手入れをしているのに

タンポを傷つけてしまっては元も子もありませんよね。

ではどうしたらいいのかって?

実は良いものがあるんです!

 

その名も…

吸水シート』!!

mmo_tw-060511k01

          mmo_tw-060511k01_1

 

使い方はクリーニングペーパーと同じですが、

抜き取る際に破けてタンポにくっついてしまう心配がありません!

また、乾かして再利用することもできるんです!

クリーニングペーパーよりも耐久性があって、さらに繰り返し使えるなんてとってもエコだと思いませんか?

 

クリーニングペーパーを使ってるけどすぐ破けてしまって困ってる

クリーニングペーパーを使ってみたいけど破けるのが心配な方

ぜひ一度『吸水シート』をお試し下さい!

担当:春田

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

サックスのお手入れ【第二回:タンポのお手入れ方法】

こんにちは!

今日は前回の続きで、

サックスのタンポのお手入れ方法

紹介したいと思います。

 

みなさん楽器を吹いた後はかならずスワブを通しますよね?

でも、それだけではタンポの表面についた水分は取りきれないんです。

それではどうしたらタンポの表面の水分をとることができるのでしょうか?

 

ここでは

クリーニングペーパーを使ってのお手入れ方法

紹介します。

 

①水分を取りたいタンポとトーンホールの間にクリーニングペーパーを挟みます!

②キィを何度か開け閉めしたあとに、キィを開いた状態で

クリーニングペーパーを抜きとります。

【注意!!】 

このときにキィを強く押さえたままペーパーを抜きとってしまうと、

タンポの表面に傷がつくことがあるので気を付けてください!!

もしクリーニングペーパーが破れてトーンホールやタンポについてしまった場合は

すみやかに取り除いて下さい。

 

べたつきが気になるタンポはこの作業を何回か繰り返しましょう♪

SAX-CLEANING

特にネックに近いタンポクローズドキィ(何もしない状態で閉じているキィ)管体の下の方にあるキィ

水分が溜まりやすいのでこまめに水分を取ることをおすすめします!

SAX-highF  SAX-LowEs

 

また、練習後だけではなく管内に水滴が溜まってきたなと思ったら 

練習中でもこまめにスワブを通すことで管内の汚れやカビも防ぐことができます。

 

毎回毎回こんなことをするなんてめんどうだ!なんて思うかもしれませんが、

こういったお手入れをかかさず行うことで楽器をいつまでもきれいな状態で演奏する事ができるようになりますよね。

それってとっても気持ちのいいことだと思いませんか?(私はそう思います!)

以上サックスのタンポのお手入れについてでした!

 

担当:春田

img57900321tw-050312m1

 

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ