♪クレモナ・トリエンナーレ&モンドムジカ訪問記 3

2009 年 10 月 21 日

トリエンナーレの翌日から、弦楽器の見本市、モンドムジカが開催されました。

3-1

見渡す限り、弦楽器関係のブースで埋め尽くされています。

3-2

 

毎年、趣向を凝らした展示が楽しめます。

3-3

 

弦楽器製作用材の販売もさかんに行われています。
製作家にとっても、大切なイベントなのです。

3-4

 

日本でも人気のBAMケース。新商品をいち早く見ることができます。

3-5

私の大好きなマンドリンもみつけました。

3-6

宮地楽器ご推薦の製作家、Pascal Hornung(パスカル・ホルヌング)さんも
ブースを出していらっしゃいました。

3-7

 

途中で見つけたすごいピアノ。 

ダブルピアノって言っても、どうやって弾くんでしょう??

3-8

足でも弾くんですね。

3-9

展示会場では、こうしたミニコンサートも常時行われています。

3-10

こうした弦楽器最大の祭典が、丸3日続くのです。たくさんの楽器に囲まれて
幸せなのですが、私たちにとっては真剣な仕事の場でもあったりします。

次回は、モンドムジカとともに深まっていく秋のクレモナの風景です。