♪クレモナ・トリエンナーレ&モンドムジカ訪問記 1

2009 年 10 月 11 日

2009年9月28日から10月6日にかけて、小金井店弦楽器スタッフ・山本が
イタリアのクレモナを訪問しました。ヴァイオリンの聖地とも言われるクレモナで
行われた弦楽器製作コンクール、ヴァイオリンの見本市とも言えるモンドムジカの
様子をシリーズでお伝えします。

今年もやってきました、ヴァイオリンの聖地・クレモナです。街の中心は
いつも以上の賑わいです。この時期は、この街にとって大切なイベントが、、、

photo1-1

今年は、3年に一度の弦楽器製作コンクール、通称トリエンナーレが
開催されるのです。街中、コンクールの広告で溢れています。

photo1-2

やってきたこの豪華な劇場は。。。

photo1-3

街の中心に近い、ポンキエリ劇場です。
クレモナ市民の誇り、歴史ある建造物です。

ピアノの前には厳重な目隠しが。これから音の最終審査が行われるのです。
演奏される楽器が誰のものか、客席からはみることができません。

photo1-4

客席にも、最終審査に残った楽器の音を聴こうと多くの方が集まってきました。

photo1-5

いよいよ審査発表当日。表彰式には多くの関係者が集まってきました。
世界35カ国、482本ものエントリーの中から優勝の栄冠を手にするのは誰か?

photo1-6

結果は次号で!