♪ルイ・レーリンクさん輸入ピアノ弾き比べコンサートを開催致しました。

2010 年 5 月 10 日

5月8日(日)、お馴染みのルイ・レーリンク先生の

輸入ピアノ弾き比べトーク&コンサートを開催致しました。

 

今回のテーマは

ショパン生誕200年~プレイエルの音色に魅せられて~

使用ピアノは・・・

この日の主役、ショパンが愛したと言われるプレイエル 【PLEYEL P170】

SW 9月14日 004

 

 【C.BECHSTEIN Classic118】

ベヒシュタイン

 

【SAUTER 116Vision】

ザウター

 

そして【YAMAHA YUS1MhC】

以上の4台を使用したトーク&コンサート。

 

ショパンイヤーという事でロビーにはショパン関連商品も。

小物

 

会場は満員で大盛況のコンサートとなりました。

PICT0127

プレイエルを中心に、同じ曲を違うピアノで弾き比べながら

ショパンのノクターン、雨だれなど演奏して頂きました。

演奏の合間には、曲のアナリーゼや、ユーモアを交えながらの楽しいトークがあり、

満員の会場からは、しばしば笑い声も起きていました。

PICT0128

 

プレイエルのピアノには、多彩な音色があり、

たとえ短2度のぶつかる音でも響き合うと話していたルイ先生。

ピアノと対話することで楽曲の新しい発見があるそうです。

輸入ピアノの魅力をたっぷりお話ししていただきました。

 

演奏終了後は参加者の方に使用したピアノをご試弾頂き、

輸入ピアノを見て、聴いて、そして弾いて味わうコンサートとなりました。

 

輸入ピアノはその国の特徴や個性がとてもよく表れています。

皆様も是非一度、当店で輸入ピアノをご試弾されてみてはいかがでしょうか。

 

お問合せは・・・ 宮地楽器小金井店ショールーム ℡ .042-385-5585