意匠性とクオリティを
兼備する吸音材

TOPAK Q-on

(TOPAKUSTIK)

トパック キューオン

スタジオや本格ホームシアターにも最適な吸音材

「TOPAK Q-on (TOPAKUSTIK -トパクスティック) 」は、施設内の音が法律で策定されているほど室内音響の考え方が進んでいる、音の本場ヨーロッパ、イタリア製の吸音材です。
大きな特徴は吸音材らしからぬ意匠性の高さにあります。日本では木質の場合、音楽室などで散見される「有孔ボード」が吸音壁材としてよく利用されています。しかし「TOPAK Q-on」は、MDFボードにメラミン化粧紙を張り合わせ、有孔およびスリット加工を施すことで、従来の有孔ボードのもつ「音楽室」、「スタジオ」といったイメージを払拭。
室内音響の先進国であるヨーロッパの国々で、高い評価を受けている建材です。
スリットの幅、間隔は大小4種類をご用意。カラーリングも4種類から選べます。施工はレールを固定し、ボードを組み合わせるだけですので、規模にもよりますが、数時間で施工することもできます。また、施工を伴わないパネルタイプもご用意していますので、様々な用途でご使用いただけます。たとえば、声が反響してしまう会議室の壁材としても最適です。また、パネルをオフィスにあるミーティングスペースのパーテーションに採用すれば、他人の声に邪魔されずに会議に集中できます。さらに、お客様の会話が聞き取りにくいと悩む飲食店から、本格的なホームシアタールームに至るまで、あらゆる環境でご活用いただけます。

TOPAK Q-on施工例 TOPAK Q-on施工例

デザインと吸音特性を組み合わせて選べるパネル

TOPAK Q-on(TOPAKuSTIK)

「TOPAKUSTIK -トパクスティック-」は、施設内の音が法律で策定されているほど室内音響の考え方が進んでいる、音の本場ヨーロッパ、イタリア製の吸音材です。
「TOPAK Q-on」は、レゾネーター(共鳴装置)の原理を応用した木質吸音壁材「TOPAKUSTIK」を使用した、デザイン性の高い吸音パネルです。

TOPAK Q-on(TOPAKUSTIK)の5つの特徴

TOPAKUSTIK

スタジオや本格ホームシアターにも最適な吸音材「TOPAKUSTIK」を使用

業務スタジオ品位の優れた吸音性能特性を持つVERY-Q のVQ/HQシリーズ(吸音・調音タイプ)では、50mm厚の多孔質吸音材(64kg/立方メートル)を使用。125~4000Hzという幅広い周波数を効率的に吸音。不要な音成分を取り除きます。反射音を抑え拡散音を減少させることで残響時間を調整、全ての音を明瞭にクリアーに響かせます。また耳障りなサーバーや生活騒音の軽減にも多く利用されています。F☆☆☆☆基準の吸音材を採用しておりますので安全にご使用いただけます。

簡易な施行と高いデザイン性で様々な用途に対応

パネルの施工は、レールを固定しボードを組み合わせるだけですので、規模にもよりますが数時間で施工することもできます。また、施工を伴わないパネルタイプもご用意していますので、以下の様な、様々な用途でご使用いただけます。

  • 声が反響してしまう会議室の壁材として使用する事で、会議に集中できます。
  • ミーティングスペースのパーテーションに採用すれば、隣のスペースの声に邪魔されません。
  • お客様の会話が聞き取りにくいと悩む飲食店で利用すればオーダーもスムーズに。
  • ホームシアタールームに取り付ければ本格的なサウンドに!
    アイデア次第で、あらゆる環境でご活用いただけます。

建築施工業者様には施工方法などを綿密にお打ち合わせの上、お見積りをさせていただきます。

新築・リフォーム時の設計・施工もお受けいたします。
宮地楽器なら防音工事部と三井のリフォームが協力し最適な防音施工のご提案が可能です。

宮地楽器 三井のリフォーム小金井店

TOPAKUSTIKのカラーは4色からお選びいただけます

デザインも合わせやすい4種類の色
(標準色は0118.Bianco、2018.Faggio)

TOPAK Q-on (TOPAKUSTIK) は、意匠性はもちろん、標準2色(オーダー2色)からお選びいただけます。 建材のみのサイズは、4086mm×128mm×16mm 入数5枚となります。

TOPAK Q-on(TOPAKUSTIK)の吸音性能

響きのコントロールができる

TOPAK Q-onは本製品単体でも高い吸音効果がありますが、さらに使い方次第で、吸音周波数、吸音の共振鋭度(Q値)、吸音帯域を調整できます。

OPAK Q-onの吸音特性は以下の様な様々な要素が絡み合って決まります。

  • TOPAK Q-onと後方壁面との距離
  • TOPAK Q-onと後方壁面との間に吸音材を設置するかどうか
  • TOPAK Q-onと後方壁面との間の吸音材の種類。多孔質系(サウンドスフィアボードなど)の吸音材
  • 壁面との背後空気層にを入れることで、ブランク状態と異なる吸音特性にもできます。4086mm×128mm×16mm 入数5枚となります。

人の声域を狙って吸音することもできるため、響きのコントロールを大事にする視聴室やスタジオだけに限らず、飲食店や公共施設などにも好適なアイテムなのです。

化粧パネルAPQシリーズ

吸音率を調整出来る化粧パネルAPQシリーズ

TOPAK Q-onは壁材だけではなく、化粧パネルも販売しております。寸法は左の写真にある
APQ-FP05(500×500x42mm)とAPQ-FP10(500×1000x42mm)の他、APQ-FP20(500×2000x42mm)もご用意しております。
特徴としてはパネル内部にサーモウールを入れることにより理想的な吸音・整音効果を生み出します。 またご購入後サーモウールの量をポイントごとにを変更できるため、ご使用される環境に合わせて吸音率の調整が可能です。簡易的に壁に設置するだけでなく、扇状に並べるなど衝立として使用することが出来るスタンド仕様の製品も特別注文にて対応しますので、様々なシーンでご活用いただけます。

宮地楽器 防音工事部 TEL:042-384-3322
特注製品も承ります。お気軽にご相談下さい。
WEBからお問い合わせ

化粧パネルAPQシリーズのスタンド型パネル

化粧パネルAPQシリーズのスタンド型パネル

自立型パネルの登場によりより快適に吸音・整音ができるようになりました。コーナー設置も可能でホームユースからスタジオユースまで幅広くお使いいただける製品に仕上がりました。
Type 14/2のパネルカラーは#0118.Bianco(白)、#2018.Faggio(ビーチ)の2色からお選びいただけます。
サイズはH1381xW505xD360mm。
製品はパネル本体とベースユニットの組み合わせで組み立て式となります。

トパクスティック有孔ボードを縦にマウントしたラインがお洒落です。またベースの部分は傷の付きにくいコーティングがされ底面にはフェルト材が取り付けられています。
背面のジャージネットパネルを取り外すとサーモウールが見えます。このサーモウールの量を調節したり、ブロックごとに取り外したりして吸音率を調整します。
ジヤージネットパネルは下の隙間から手で持ち上げると簡単に外れます。取付も簡単!
2台並べてコーナーに設置しやすいベース設計。また1枚のパネルをお部屋のコーナーギリギリに45度で置くこともできます。音が響き過ぎるお部屋の改善や、シアタールームの音響補正、またプライベートスタジオなどのサウンドバランス調整とさまざまな用途に対応します!

お問い合わせ・ご相談

  • 宮地楽器 防音工事部
  • 042-384-3322
  • WEBからお問い合わせ
  • 〒184-0004
    東京都小金井市本町5-12-15
  • 【営業時間】 9:00-17:30
  • 【定休日】  日・祝


TOP