講師インタビュー

チェロ清水唯史しみず ただし 講師

雑談や息抜きをしながら、僕と生徒さんの間に“壁”を作らないようにしています。
楽器を通して、マイナスな部分が消化し、心身のケアにつながって、心が豊かになって頂ければ良いなと思います。

こんにちは!まずは先生の自己紹介をお願いします。
清水唯史です。川崎市出身です。
(…シーン…)趣味とか特技とか、ハマッてることとか何でも話して良いんですよ(笑)
趣味は“作る”ことです。
と言いますと?
型にはまらないで、そこにある材料で何かを作ることが好きです。
折り紙とか、料理とか。
なので楽器いじりも好きです。本当は弦楽器のメンテナンス職人になろうと思っていたぐらいなので。
手先が器用なんですね。
あ!あと、そうそう、旅行も好きです。
いつも見られない景色や風景を観光しによく出かけています。一人でジッとしてられなくて。家から出たい願望が強いんですよね。
あ!あと、もう一つ、スポーツも大好きです。球技全般、特に学生時代はバスケとバレーをよくやってましたね。中学のときは卓球もやってて。
チェロ弾いてるより、スポーツしてるときが楽しかったかも。こう見えて、動くの好きなんですよ。
やっと話してくれるようになりましたね(笑)
ネタをふってくれると、いっぱい話すんです(笑)
先ほど学生時代はスポーツがお好きとのことでしたが、チェロはいつから始めたんですか?
父親の知人にチェロの先生がいらっしゃって、4歳から始めました。
先生の希望でチェロを始めたんですか?
いえいえ、“やらされていた”タイプです(苦笑)
小さい頃からチェロを始める人口も少なかったので、珍しかったと思います。弦楽器を始めるのは早ければ早いほうが良いですからね。
それでも、小中高とチェロは継続されたんですね。
球技の方が楽しい時期もありましたが(笑)
楽器職人になりたいな、なんて考えていたときもありましたが、当時教わっていた先生主催の合宿で、たまたま聞いていた人が「音大を受けないの?」と言ってくれて。
先生も「桐朋学園大学を受験しないか?」と勧めてくれまして、高校2年生の秋から本格的に音大受験の為に勉強を始めました。
音大受験を決める時期としては遅いほうですよね?
そうですね。ピアノも弾いたことがなかったですし、ソルフェージュも楽典もそこまで勉強してこなかったので、大慌てで勉強しました。
人生で一番大変だった時期だと思います。。。
しかも、他の音大受験は許してもらえず、桐朋学園大学だけに絞っていたので、とてもプレッシャーでしたね。
無事に現役でに合格した時は安心しました。
それでは、レッスンで大切にしていることを教えてください。
まずはコミュニケーションですね。
僕は人と話すのも好きなので、雑談や息抜きをしながら、僕と生徒さんの間に“壁”を作らないようにしています。
せっかくレッスンにいらっしゃっているのに、緊張してしまったら、良い音も出せないので。
空気間を和らげるのも先生のワザだと思っています。
インタビューしていても、先生の空気間にスッと入っていける感じがしています。
あとは、同じことを繰り返すことです。レッスンで練習した曲は、1回弾いて終わりではなく、何回もやります。
しかも突然。
突然だと生徒さんは驚かれませんか?
そこが大事なんです。
1回出来た曲を久しぶりにやる、練習してないから焦る、焦ると人って集中するんですよ。
集中するとほとんどの生徒さんは弾けるんです。そしてまた頭に入る。
集中力を育てると、発表会の緊張や焦りを和らげることが出来るんです。
深いお話ですね…。確かに、納得です。
先生は以前、チェロの練習では「右手が大事」とおっしゃっていましたが、そのお話をもう一度お聞かせいただけますか?
音を出す原点は、右手のボウイングだと思っています。
左手のフィンガリングを中心に教える方もいらっしゃいますが、僕のレッスンではボウイングを重視し、左手を入れていく、という練習を中心に進めていきます。
どんな楽器でもそうですが、綺麗な音が出ないと、楽しくなくなって辞めちゃうんですよね。綺麗な音を早く出したければ、右手の使い方を徹底的にマスター出来るようしていきます。
先生の話を聞いていると、的確にコツやアドバイスを頂ける気がして、上達の道筋が見える感じがします!
それではチェロの魅力はどういうところでしょうか?
チェロはベース楽器と言われますが、たくさんメロディを弾けますし、かっこいいソロもあり、両方楽しめる楽器だと思います。音域も広いので、チェロアンサンブルも楽しめます。
とても万能な楽器だと思います。
確かに、チェロアンサンブルは聴き応えがありますよね!
先生の愛用楽器について教えてください。
どの楽器もそうですが、楽器の購入は出会いだと思っています。
今使っている楽器は2017年8月に購入しました。最初は楽器を購入するつもりは無かったのですが、たまたま置いてあって、たまたま見つけてしまって、先約があったんですけど、タイミングよく手に入れてしまって。
300年もののオールド品ですが、探していても出てこないですよね。
ホールの隅々まで響き渡る音色に一目ぼれし、購入しました。一生使い続けたいと思います。
それでは最後にHPを見ている方に一言お願いします!
チェロを弾いていると、その方のクセや性格、その時のお気持ちがよく分かる楽器だと思います。
「少し落ち込んでるのかな?」とか「過去に怪我をされたのかな?」など、弾き方や音色でよく分かります。
楽器を通して、マイナスな部分が消化し、心身のケアにつながって、心が豊かになって頂ければ良いなと思います。
ありがとうございました!

講師プロフィール

神奈川県出身、4歳からチェロを始める。
中学2年でジュニア フィルハーモニックオーケストラ入団。
以後東京芸術劇場・サントリーホール等での演奏会に毎年参加。
2009年第5回ミユーザ川崎こどものための音楽コンテスト中学生ソロ部門で教育委員長賞受賞(2位相当)。
NHK・Eテレ・スクールLive Show 高校生オーケストラを作ろうにチェロ首席で出演、東京フィルと共演。
桐朋学園大学音楽学部入学、2016年卒業。
在学中ダーヴィド・ゲリンガス氏マスタークラスを受講、京都・国際音楽学生フェスティバルに桐朋学園大学代表として出演。
サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー
これまでチェロを臼井洋治氏、銅銀久弥氏に、室内楽を毛利伯郎、北本秀樹、加藤知子、藤原浜雄、山口裕之、磯村和英、小森谷泉、藤井一興の各氏に師事。

現在、MUSIC JOY 渋谷、ららぽーと立川立飛センター、国立センターでレッスンを担当。

チェロ(個人レッスン)

  • 45分レッスン
  • 月2回
  • 全ての年齢
開講曜日
土・日
開講時間
10:00~16:30
講師
西谷千花清水唯史
月謝
10,800円
入会金
10,800円
体験・見学日程
※空き状況は随時変わりますので、お気軽にお問い合せください。

定員間近!月2回45分のレッスンなので、お忙しい方やじっくりレッスンしたい方にオススメです♪初心者でもいい音を出せるようにレッスンしてくれます。いい音が出せるようになることで、レッスンがより楽しくなります!
担当は、若手ながら指導や演奏経験豊富な清水唯史先生です。

日程
12月22日(土)
10:00 ~
10:45 ~
15:15 ~
レベル
初心者

休日を有意義に過ごしましょう♪人気のレッスンのため、残席残りわずか!
月2回45分のレッスンなので、お忙しい方やじっくりレッスンしたい方にオススメです♪
担当は西谷千花先生です。

日程
10:00 ~
12:15 ~
15:15 ~
レベル
初心者

2019年1月末まで!【期間限定】憧れの楽器、大好きな歌に気軽にチャレンジ!正規コースご入会前にレッスンを3回試すことが出来ます。レッスンでは貸出し用の楽器もありますので、どなたでもお気軽に始めることができます。
【受講料:45分8100円】
※丹切れツンは土曜日のみ可能です。

日程
レベル
初心者

体験・見学について

ホームページ、ご来店、お電話で体験レッスン・レッスン見学へのお申し込みができます。
ホームページからご予約の場合は、お申し込みをいただいた教室にて確認ができ次第、折り返しメールもしくはお電話にて連絡をいたします。連絡がない場合は、ご予約のお申し込みが出来ていない可能性がございますので、お申し込み教室へご連絡をいただけますようお願いいたします。

  • 宮地楽器のレッスンは、曜日・レッスン開始時間・担当講師は固定で、月謝制です。体験レッスンにお申し込みの際は、ご継続しやすい曜日・時間帯をお知らせください。※一部、チケット制のコースあり
  • 体験レッスンは、入会をご検討の方に向けて、実際のレッスンの雰囲気や指導内容を知っていただくために行っております。
  • 体験レッスンはお1人様1回無料でご受講いただいております。
  • 18歳未満の方からのお申し込みには保護者様の同意が必要です。
  • やむを得ない事情で体験レッスンをキャンセルされる場合は、必ずレッスン開始時間までにお申し込み教室へご連絡ください。