音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

MUSIC JOY 神田

Vol.2 ジャズダンス

ジャズダンス
ジャズダンスって楽しそう。。。でもどんなレッスンをやっているの?
実際のレッスンにお邪魔してきました!是非ご覧下さい。

Vol.2 ジャズダンス(講師:大野木純子おおのぎ じゅんこ

美しくてしなやか!大野木先生のレッスンスタート!
プロフィールはこちらから
  • ストレッチ

    Step.1

    踊る前にまずはストレッチ。ジャズダンスは体を柔らかくしていく必要があるようです。 そのためストレッチがレッスンの肝!時間をかけて体をほぐしていきます。 腰→肩→足の裏→もも裏→背中と順番に骨と筋肉がくっついて凝り固まってしまった所を入念に伸ばしていきます。
    ただ体を伸ばすだけでなく呼吸を意識してストレッチです。ヨガのレッスンみたいだなーと勝手ながら感じてしまいました。 また、ストレッチの所々で骨の名前が出てきて興味深かったです。体の仕組みを分かっている先生だからこその説明。なるほど、これを続けていれば体が柔らかくなっていきそうだ…と納得のストレッチでした。 もう一つおもしろいのが、皆さん裸足or5本指ソックスを履いているんです。

    ジャズダンスはヒップホップ系のダンスとは違いスニーカーのような靴は履かないんです。指先までダンスで表現していく必要があるんですね。 ストレッチでも足の指の間に手の指を入れて足をほぐしていくんです。気持ち良さそう!時間をかけて体をほぐしたら、ほんの少し筋力アップの時間。体幹を鍛えるトレーニングです。 ちょっときつそうな体勢でキープ。皆さんぷるぷるして辛そう…でも先生から「長く出来るようになったね」とお褒めの言葉がありました。継続は力なり、ですね。 しっかりした体幹があってこそダイナミックな動きがスムーズに出来るんですね。

  • 基礎練習

    Step.2

    身体がほぐれたら基礎練習です。体の芯から指の先までフルに使って基礎の動きを練習します。
    まずはバーを使ったレッスン。
    バーに向かって立ち、バーを持った状態で身体のバランスをとっていきます。足の出し方を段階をふんで細かく確認したり上から吊られるような感覚でつま先立ちをしたり基礎の基礎から身体に覚えさせていきます。 このときに先生が使っていた足の状態の呼び名はプリエ、タンジュ、ポイント…。バレエ用語でした!

    バレエの要素も含んでいるんですね。最初はどういう意味か分からなくても大丈夫。種類は多くないし見ているだけですぐに覚えられました。
    続いてバーから離れてセンターレッスン。やることはバーレッスンとほぼ同じ。バーを持たずに同じことができるようにしていくんですね。

  • 振り付け

    Step.3

    今回はなんと映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌で踊りました! ジャズダンスは身体全体を使って曲を表現することが出来るので音楽も幅広いジャンル使用できるんですね。 感動的な歌詞に合ったダイナミックで抑揚のある振り付けでした。翌週も同じ曲の続きを振り付けて、最終的に1曲踊れるようになります! もし休んでしまっても大丈夫。また新たに振りを付け直したり新しい曲にしたり、先生もいろいろ試行錯誤してくれます。

以上、大野木先生のジャズダンスのレッスンでした!!
いかがでしたでしょうか?写真や文章ではなかなか伝わりにくいと思います。
体験レッスン(1回¥1,000-)もご予約受付中ですので、ぜひ一度体験してみてください!
皆様のお越しをお待ちしております!! お問い合わせ:MUSIC JOY神田 03-3255-2757

MUSIC JOY神田

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町1-4

TEL:03-3255-2757
FAX:03-5296-6000

営業時間
平日7:30〜22:00 土・日10:00〜21:00
最寄り駅
■丸ノ内線「淡路町」及び都営新宿線「小川町」:A5出口より徒歩0分
■千代田線「新御茶ノ水駅」:B4出口より徒歩0分
■JR「御茶ノ水駅」:聖橋口より徒歩8分

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページTOPへ