音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

宮地楽器の三線教室

p0702_f

沖縄民謡に欠かせない「三線(さんしん)」は、三味線の元になった楽器と言われています。
『島唄』や『花』といった琉球のメロディで、いまではおなじみですね。
楽器を触るのが始めての方も楽譜が読めない方も大丈夫、基本からご指導します。
南国特有の音色とリズムを堪能し、心癒されること確実です。
グループレッスンで楽しさも一層スケールアップ。

開講センター 一覧

MUSIC JOY神田コース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
沖縄三線 終日可(1回55分)

ページTOPへ

MUSIC JOY新宿コース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
三線 終日可(1回55分)

ページTOPへ

MUSIC JOY渋谷コース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
沖縄三線 10:00〜16:30(1回55分)
16:30〜21:30(1回55分)

ページTOPへ

MUSIC JOY吉祥寺コース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
三線 11:30〜15:55(1回55分)
16:30〜21:00(1回55分)

ページTOPへ

MUSIC JOY立川北コース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
三線 14:00〜15:55(1回55分)
17:00〜21:55(1回55分)

ページTOPへ

小金井センターコース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
三線 (1回90分)

ページTOPへ

府中センターコース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
三線 終日可(1回55分)

ページTOPへ

八王子センターコース詳細・無料体験レッスン

コース名 時間帯
沖縄三線 終日可(1回55分)

ページTOPへ

誰もが一緒に歌い踊れる。三線は沖縄の伝統芸能

その音色を聴くだけで沖縄の風土が思い描けるような独特の音色を持つ三線。沖縄の芸能として根付いた三線は、沖縄のだいたいの家にはあるといわれるくらい地元ではメジャーな楽器です。
誰かが三線を弾いて歌い始めると自分も歌い踊りはじめる。そしていつの間にかみんなが集まり一緒になってる。そんな沖縄の陽気さと人柄、土地の空気によって三線は現代に受け継がれてきました。
日本で三線の音色を良く耳にするきっかけになったのは、「島唄」のヒットかもしれません。和とも洋とも違う琉球音階をベースにしたメロディとリズムは多くの人を惹きつけました。また、沖縄で開催される伝統的な盆踊り「エイサー」も三線の魅力を知ることのできる一つです。三線の音色、ジカタの歌声、ミチジュネー(延々6〜7時間町を練り歩きながら踊る踊り)など活気あるエイサーに魅せられて三線を始める人も少なくありません。
宮地楽器の三線教室では、チンダミという調弦から、音階を弾く運指など三線を弾くための基礎はもちろん、譜を見て演奏したり合奏したりするレッスンを展開しています。一緒に弾いて一体感を味わえるグループレッスン(新宿・吉祥寺・立川北・小金井・渋谷・府中・八王子)と一人でじっくり学べる個人レッスン(小金井)があります。
無料体験・見学も受け付けております。ご希望のセンターへお申し込みください。

ページTOPへ