音楽のある毎日 宮地楽器

2017年宮地楽器創業100周年

昭島センター

ヴァイオリン講師・八木萌香先生にインタビュー!

昭島センター講師インタビュー、記念すべき第1回はヴァイオリン科・八木萌香先生です♪いつも穏やかでほんわかしている八木先生の、レッスンに対する思いを伺いました!

八木先生、こんにちは!まずは自己紹介をお願い致します。

八木講師こんにちは!今年で宮地楽器講師3年目になります。
今は昭島センターを含め、計6センターでレッスンをしています。今はレッスンをメインに活動していますが、オーケストラやイベントでも演奏しています。

先生がヴァイオリンを始めたきっかけを教えてください!

ヴァイオリンは小さい頃(2・3歳~)から始める方が多いと思いますが、私は小学3年生から始めたので比較的遅かったんです。 電池を入れて音を鳴らすようなオモチャのヴァイオリンを祖母がくれたのがきっかけで、ヴァイオリンを習いたい!と両親にお願いしたのを今でも覚えています。

本格的にヴァイオリンの勉強を始めたのはいつ頃ですか?

中学生になってもヴァイオリンのレッスンを続けていましたが、どちらかというと部活をメインに頑張っていて、受験の時にはヴァイオリンのレッスンも一旦ストップしていました。 それと同時期にクラシックに興味を持ち始めてオーケストラを聴くようになり、高校1年生の頃に本格的に音楽大学を目指して勉強を始めました。

―そうなんですね!部活は何部だったんですか?

卓球部でした!吹奏楽部も良いかなぁと思ってたんですけど、新しい楽器を始めることになるので…以前から好きだった卓球を選びました(笑)

レッスンにおいて大事にしていること、心がけていることを教えてください!

ヴァイオリン

今はどちらかというと大人の生徒さんのレッスンをすることが多いのですが、「遅くから始めるのは不安…」「今から始めて大丈夫なのか?」というお声をよく耳にします。私自身もヴァイオリンを始めたのは遅かったので、すごく気持ちが分かります。ですが、決して遅くありません!「やりたい!」という気持ちがあれば大丈夫です。 また、レッスンをしていく中でつまずいてしまう時もあると思いますが、その時にただ機械的に「こうしてください」と言うだけではなく、「どうしてこうなるのか、何故こうするのか、何が原因なのか」というのを生徒さんに説明し、納得してもらえるようなレッスンを心がけています。そうすると印象に残り、今後の演奏にも役立つのではないかな、思っています!

先生の好きな音楽は?

私自身はクラシックをよく聴きますが、家族は最近流行のボカロが好きなので、「この曲聴いたことある!」というのが増えました(笑)

―ヴァイオリンでボカロの曲を弾くこともあるんですか?

そうですね、イベント等で街中で演奏する機会もあるんですが、「千本桜」(初音ミクの人気曲)を弾いたことがあります!難しかったです(笑)弾きやすい曲もあれば機械的な曲もあって大変なんですけど、チャレンジすることも大切かなと思っています。

―クラシックではどんな曲が好きですか?

衝撃を受けたのが、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。初めて聴いた時にすごく感動したのを覚えています。クラシックに興味を持つきっかけとなった曲でもあります。 演奏家だとヴァディム・レーピンさん(ロシアのヴァイオリン奏者)が好きで、その方が監督をされた日本の音楽祭にも行きました。やはり海外の演奏家の方はスケールが違いますね!

ズバリ!先生はどんな方ですか?

コーヒー

とにかくのんびり、穏やかとはよく言われます(笑)その性格を活かして、ゆっくり・丁寧にレッスンをするように心がけています。 食べる事とコーヒーが好きで、自分好みの色んなコーヒー豆を探したりしています。あとはホットヨガもたまに行きます!ヴァイオリンも運動なので、全身のパワーを使います。ヨガをすることによって体幹を鍛えられたら良いなぁと思ってます!

ありがとうございます!それでは最後に、ホームページを見ている方に一言お願いします♪

ヴァイオリンは敷居が高いイメージがあると思いますが、スタートに遅い早いもなく、「楽しく弾いてみたいな」という気持ちがあればいつでも始められる楽器です!実際に弾いてみると意外と体力を使って、汗をかきながら演奏したりするのでイメージも変わると思います。お気軽にふらっと体験レッスンへお越しいただけると嬉しいです♪

こちらもどうぞご覧ください。

昭島センター

〒196-0015
東京都昭島市昭和町1-14-19

TEL:042-544-3322
FAX:042-544-3322

営業時間
10:00〜20:30(日曜は16:30まで・祝日は休み)
最寄り駅
JR昭島駅 下車徒歩4分

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページTOPへ