住みやすさと美しさをデザインする三井のリフォーム小金井店の情報紙 住まいのリフォーム Vol.25

  • 目次

    目次

  • 三井のリフォーム小金井店のリフォーム実例

    三井のリフォーム小金井店のリフォーム実例 トップページへ
  • リビング

    リビングのリフォームへ
  • キッチン・ダイニング

    キッチン・ダイニングのリフォームへ
  • 飾り棚・収納

    飾り棚・収納のリフォームへ
  • 和室(茶室)

    和室(茶室)のリフォームへ
  • 浴室・洗面台・トイレ

    浴室・洗面台・トイレのリフォームへ
  • 外観・玄関

    外観・玄関のリフォームへ
  • ウッドデッキ

    ウッドデッキのリフォームへ
  • プランナーおすすめ 快適リフォームフェア

    プランナーおすすめ 快適リフォームフェア トップページへ
  • 三井のリフォーム小金井店 スタッフブログ

    三井のリフォーム小金井店 スタッフブログへ
  • お届けします 住まいのリフォーム

    情報紙請求へ
  • 店舗案内

    店舗案内
  • お問い合わせ

    お問い合わせへ
  • 「こうしたい」という思いを叶えた理想の住まい W様邸

     緑豊かな公園に臨み、都会にありながら自然に恵まれた環境に建つW様邸。築40年を過ぎ、これから迎えるセカンドライフを楽しめる家へリフォームしたいとお考えになった時、W様の描かれた理想の住まいは「都会のログハウス」でした。

     和室を中心とした日本的な間取りのW様邸にログハウスらしい空間を生み出すために、当店担当プランナーが提案したのは、リビングからダイニングキッチンまでをワンフロアにするプラン。広さを感じられるように壁は極力無くし、構造上取り除くことのできない柱や筋交いには、周囲に収納を配してインテリアの一部と見えるようにデザインしました。 天井や壁には無垢のパイン材の羽目板を横目に張り、カウンターや収納なども同じ材で造作。床にはコルク材を選び、ログハウスらしい素朴なイメージにまとめています。

     雰囲気のある窓やドアなどの建具はW様ご自身が見つけられたものを当店で手配し、取り付け。担当プランナーはW様の「こうしたい」という思いをできる限り取り入れながらも、住まいとしての質を上げることにも配慮し、浴室などの水廻りを一箇所に集めて生活しやすくする、使いやすい位置に収納を設けるなど、快適に過ごせるように工夫。長く安心して住み続けられるように、断熱や耐震補強など、建物の基本的な機能も向上させています。

     週末には気の置けないご友人達とホームパーティを楽しまれているW様ご夫妻。「いつかここでカフェを開きたい」と新しい夢も膨らみ、人生を謳歌できる住まいとなったリフォームにご満足いただけているご様子でした。

    元の和室。ウッドデッキに続く掃出し窓の横にある小部屋は窓を増やして明るいフリースペースに。

    リビング

    壁を極力取り除いたことで、リビングからダイニングとその先のキッチンまでを見通せるようになり、広さと奥行きの感じられる空間になりました。構造上必要な柱や筋交いもログハウスらしさを生み出すアクセントに。随所に収納も設けています。

    和室から縁側に続く襖や欄間は撤去。一部残った壁は背面にシューズボックスを造作しています。縁側は新しく設けた玄関のエントランスとして生まれ変わりました。

    キッチン・ダイニング

    壁付タイプだったキッチンは対面式に。吊り戸棚と換気扇の取り付けのために設けた下がり壁は、キッチン内部をほどよく隠す役割も兼ねています。腰壁にはカウンターを設置。ちょっとした食事の際やティータイムに活躍します。

    キッチンには大きめのシンクと充分な収納を持つ、使いやすいモデルを採用。背面の壁には面を一杯に使った収納を造作しました。階段下にあたるスペースには調理家電を置ける可動式の収納を設け、空間を無駄なく使っています。

    ダイニングからリビングを臨んで。中央の筋交いにはリビングとダイニング両方向から使いやすいように棚板を配しました。一続きのコルクの床が空間のまとまりを生み出しています。

    飾り棚・収納

    通りに面した大きな腰掛窓は小ぶりな押出し窓に。プライバシーを守りながらも光と風が取り込めます。奥行を生かしてベンチ兼収納と飾り棚を新設。壁には断熱材を補填しました。

    窓の両側に配置した飾り棚の内部には専用の照明を取り付け、コレクションが映えるように。光を遮らないよう、棚板にはガラスを採用しています。

    優しいフォルムが特徴的な扉のノブは、寝台特急ななつ星にも採用されているメーカーのもの。W様こだわりの逸品です。

    元の和室にあったのと同じ位置に収納を造作。十分な奥行きがあるため、大きなものを収めることもできます。収納の上には棚板を取り付け、見せる収納として活用。W様のご希望で取付けた丸窓が空間に遊び心をプラスしています。

    クローゼットのあった場所には、薄型のテレビ台を造作。背面にもパイン材の羽目板を張り、インテリアとして浮きがちな家電が周囲と調和するように配慮しました。

    ▲TOP