宮地楽器総合TOP > ピアノ > ピアノを始められる方へ > どこに置こう
ピアノ

ピアノを迎えるにあたって

どこに置こう?

ピアノは、アップライトピアノで約250kg(成人男子3〜4人分)の重さがあります。
一般的な木造家屋の場合、1階の壁面に設置するのであれば、通常床補強の必要はありませんが、建物や床の状態によっては補強が必要になることがあります。 (マンション以外の建物の2階や3階などに設置する場合は、建築会社 への確認が必要です)

また、ピアノは急激な環境の変化を嫌います。
ピアノには1つの鍵盤あたり約80個のパーツが使われており、それぞれ天然の材料(木材やフェルトなど)を使用しているため、非常に繊細な楽器なのです。

  • *直射日光が当たる場所
  • *隙間風が当たる場所
  • *エアコンの風が直接当たる場所
  • *水を使う台所や浴室などの近く

このような場所では温度や湿度の変化が大きくピアノの音を狂わせ、機能や外観の老化を早めてしまいます。
ご不安な場合は、設置前に必ず専門家にご相談ください。

ピアノ調律・ピアノ再生サービス・買取・下取・ピアノ移動・ピアノ分解教室など

宮地楽器ピアノ技術課へのお問い合わせ

宮地楽器 ピアノ技術課

電話番号0423835551 042-383-5551

受付時間 9:00-18:00 定休日 日・祝日

WEBからのお問い合わせ