10/24(月)久元祐子先生によるピアノ演奏法セミナーを開催いたしました。

hisamoto

hisamoto

10月24日(月)宮地楽器ららぽーと立川立飛店 店舗奥に併設のららぽーとホールにて、国立音楽大学にて教鞭を執られている久元祐子先生による、ピアノ演奏法セミナー 楽器からアプローチする演奏法「モーツァルトとヴァルターピアノ」を開催いたしました。

 

10月より本格始動したこちらのホールですが、ピアノを使用してのセミナー開催は今回が初めてということで、当日の朝を含め3回の調律で万全の態勢を整えた後、久元先生をお迎えすることとなりました。

モーツァルトの時代に使用されたヴァルター・ピアノの特長から、名曲にアプローチするという画期的な試みで、知的な魅力あふれる演奏を目指す方を始め、モーツァルトを好きな方はもっと好きに、苦手意識をお持ちでした方には、少しずつ好きになれそうな・・・素敵なお話と共に、

あっという間の2時間が過ぎていきました。

 

 

セミナーの詳細は、学研プラスさん発行のフリーペーパー「学研おんがく通信1月号」にも掲載予定でございます。 学研おんがく通信1月号セミナーレポート

 

 

次回の開催予定は、2017年6月29日(木)10:30~12:30

楽器からアプローチする演奏法「ショパンとプレイエル・ピアノ」を開催予定です。

詳細が決まり次第、HPにてご案内いたします。