変色 タグのついている記事

シルバープロテクター

ヤマハから便利なリペア用品が発売されています。

シルバープロテクター」¥1,080(税込)

その名の通り、銀製や銀メッキの楽器の硫化(変色)を防ぐ薬品です。

 

クラリネットのキイやフルート、トランペットなどで銀のものは、放っておくと薄黒く曇ってきたり黄色っぽく濁った色に変わってしまいます。

 

毎日練習後に乾拭きが出来ればいいのですが、時間の都合などで細かいところまではなかなか出来ないものです…。

 

そこで、ピカピカの銀色を長持ちさせるのがこのシルバープロテクター!

一度、シルバーポリッシュでしっかりと磨き上げてから乾拭きで薬剤をキレイに拭き取り、最後にこのシルバープロテクターを吹きかけます。

表面がコーティングされて変色を防ぐので、ピカピカが長持ち!

 

ぜひご利用下さい☆

修理編 クラリネットの分解についてVol1

本日は、クラリネットの分解についてです。久々に修理編の御案内ですね。

まずはこの画像から

bunnakiCL1

これはクラリネットの上管です、分解についてというタイトルなのにすでに分解されているじゃないか、なんてツッコミはつつしんでお受けいたします。その通り分解していく写真を撮り忘れてしまいました。それだけ仕事が忙しいもので・・・

という言い訳はさておき、今回はシリーズ化してクラリネットのキーの組立てから先に御案内していきます。分解はまたの機会に御案内します。

bunnakiCL2

このクラリネットの上管上部、ジョイントコルク付近です。ヤマハカスタムの美しいロゴと使いこまれたコルクが印象的です。

bunnakiCL3

このクラリネットはクランポン社、こちらも同様のカットで美しいロゴとなんときれいなコルクでしょう。(自画自賛)まぁきれいなのは当然です、今巻き直したばかりですから。

bunnakiCL4

2本並べてみました、どうですか、このブログでは何度かジョイントコルクについては御案内していますが、今回はたまたま分解したクラリネットとコルク巻きしたクラリネットがあったのでブログに登場させてしまいました。

このようにコルクが茶色に変色してくると、予期せずにコルクが剥がれる場合があります。見た目で判断し交換するのもとっても重要です。当店では、店内が混んでなければ当日対応できます、気軽にお持ち下さい。

今日は分解改め組立ての御案内のはずでしたが、『修理人の気まぐれ』ということでこの内容でご勘弁下さい。

あすはこのクラリネットにどのキーが取り付けられるか楽しみにお待ち下さい。

担当KK

修理編 楽器の変色 シルバーフルート編

本日はなかなか見事に変色したフルートの話です技術者の奮闘振りがうかがえます。

FL yogore1

どうですか、黒いフルート・・・

FL yogore2

これはこれで風合いがあり好きなんですが、汚れてくる(変色)と金属臭が強く出るのでちょっと苦手です。

FL yogore3

まずは、キーを外します。分解しないときれいに出来ません。

FL yogore4

左側、少しきれいになりましたね、これからどどんと磨いていきます。作業風景が見せられないのが残念です。

FL yogore5

どうでしょ、結構大変でした。

 

 

FL yogore6

頭部管と足部管が磨き終了です、これでも第一段階です、ここから本格的に磨き上げますが今日の作業はここまでです。ここから先はまた後日。

担当KK