割れ タグのついている記事

練習したらこんなになってしまった。クラリネット編

本日はクラリネットのタンポについてご説明します。

まずはこの画像から

CL1

これはクラリネットの上管のキィなのですが、実は一つだけ足りないのですわかりますか?

それでは、部分ごとに観察していきましょう。

まずはこれです

CL2

あれあれ、破けていますね。

このキィは特に痛み易くほとんどクラ吹きの方はタンポを交換したことがあるはずです、1年以上の経験を持ち、まだ交換した事がないという方は余程、お手入れが素晴らしいか気づいてないかのどちらかです。場合によってはレザー(皮)タンポやコルクタンポを使用している楽器もあります、気になった方は当店までお問合せ下さい。

 

CL3

こちらのタンポはどうでしょう、まずは左側ですが、真ん中に黒い点が・・・右側は破けていますね。左側の黒い点はカビです。人体に良いカビではありません、どちらも早急に交換しないといけません。

 

CL4

ここも痛み易いところですが、上側が(側面)擦り切れそうになっているのはおわかりになるでしょうか?、まさに破れる寸前です。

 

 

CL5

このタンポは何が悪いのかと言うと、表面が毛羽立っていて、この状態ですとタンポはすぐ水分を吸収してしまいます。

 

CL6

 

このタンポも同様です、下側の側面はもうすでに破けていますね。

 このように、タンポが傷んでしまうのは練習をしていれば当たり前のことです、定期的にチェックするようにしましょう。

ちなみに、このようにタンポが傷んでいると楽器の割れの原因にもなります、特に寒くなってきた冬のシーズンは割れが多発します、タンポの状態を含め楽器の状態をチェックしましょう。

修理についてのお問合せはこちらまでご連絡下さい。 担当KK

修理編  木部の割れについて

本日も昨日の続きにしようとさっきまで思っていたのですが。タイトルの通り木部の割れについてお話します。

木工製品って何で割れるのでしょうね、割れは修理人泣かせの依頼内容なんです、何せ原因がはっきりしない。演奏者の使用状況により同じ団体でも割れる人割れない人があり、同じメーカーでも割れたり割れなかったりと。ひとつだけ言えるのは練習のしすぎにより割れが発生することが1番高いですね。

何も割れない為に練習するなと言っている訳ではありません、普段より多く練習すると楽器も「悲鳴」をあげるということですね。楽器もいたわりながら使用しましょう。

今日はそんな割れについて

wareCL 1

あらら、ピキッと割れが入ってますね、もうおわかりと思いますが、割れは、加工された音孔(トーンホール)付近から割れます。まず何もない管体部分がパックリ割れるということはありませんから、割れを見つけるには音孔やポスト付近を注意深く見て下さい。

wareCL 1-1

しっかり修正してありますね、割れは見つけ次第修正(補修)しないとどんどん広がります、練習があって修理出来ない、なんて言っていると取り返しのつかないことになります。

wareCL 2

これも、割れの起点は音孔ですね。

wareCL 2-1

皆さんも割れには注意してください。

練習ももちろん大切ですが、良い音を奏でる為には楽器も十分にケアしないといけませんよ。

担当KK

春の大決算セール開催中♪ お得な情報Vol.3

本日のおすすめはスワブです。クラリネット用ですね、もしくはサックスのネックにも対応できます。

何がお得かと言うと、ずばり値段です、定価1335円のスワブがなんと500円!!!に驚きの価格です約63%OFF。これはまさに買いでしょう、白い綿製のスワブをお持ちの方は今すぐ宮地楽器トップウインズへGOです。こちらのスワブ写真をみてもわかるとおり、専用のケースに入っていますこれがうれしいですね。このスワブもちろん洗濯できるタイプですがスワブを収納する際はどこにしまうかがポイントになります。皆さんはまさかケースの中にスワブを収納するなんてしませんね(ケースにしまうと何の為に水分を取ったのかわかりません。)、ケースとケースカバーの間に収納する方が多いですね。

この専用ケースがあれば収納は簡単です、衛生面でもケースを汚さず良いと思います。皆さんいかがですか

SELMER SUWABU

スワブをあまり使わないと、木部の割れが発生する可能性が高くなります。楽器は日々のお手入れが重要です。

担当KK