ピストン タグのついている記事

トランペットのフェルトは汚れていませんか?

トランペットのバルブフェルトは消耗品です。

定期的に交換しましょう。

ピストンにオイルを注す際に、バルブフェルトがどのような状態か確認しましょう。

左が新品のフェルト、右が使用中のフェルトです。

フェルト自体は適正の厚さと弾力があれば、汚れていても使用上の問題はありませんが、

バルブフェルト自体の消耗は、新品と比べないと分かりにくい為、

上記画像の様に、色を見て交換の判断をすることも良いかと思います。

尚、フェルトが汚れていると言うことは、当然楽器本体にも汚れがあると認識して下さい。

楽器はいつでも清潔に保ちましょう!

 

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

開けてびっくり!! 修理編 

金管楽器って木管楽器に比べると定期的に調整をしないイメージありませんか?

楽器を購入してから一度も調整に出したことないなんて方もいるのでは?

今回は金管楽器の汚れについてお話していきます。

汚れの元になっているのは古くなったグリスや食べカス等です。

食事後に演奏する際は歯磨きをすると汚れは溜まりにくいですね。

歯磨きはできなくても軽く口をゆすぐだけでも効果はあります。

しかし演奏する上でグリスを塗らない訳にはいきません。

汚れは嫌でも溜まっていくものなのです。

Piston-yogore1・・・汚れが下に沈殿したケーシング

これは汚れがどんどんピストンの下に溜まっている状態です。

ここまで汚れが溜まってしまうと底ブタが回らなくなってしまいます。

botm-yogore・・・汚れた底ブタ

底ブタにもびっしりと汚れが張り付いていますね。

このように管内が汚れたまま楽器を使い続けるとピストンは動かなくなってしまいます。

しかし、私達の手にかかれば・・・

Piston-yogore1-1・・・きれいなケーシング

botm-yogore1・・・きれいな底ブタ

同じ楽器とは思えない位綺麗になりました!!

これで動かなかったピストンもスムーズに作動しますね!

しかし汚れだけが作動の悪い原因ではありません。

楽器をぶつけた事で管が歪んでしまい作動しなくなる事もあります。

最近ピストンの調子が悪いと感じている方は当店まで楽器をお持ち下さい。

 

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

修理編 汚い!

こんにちは★修理のY・Uです。
ピストン楽器吹きのみなさん!!突然ですが、ピストンフェルトなどの軟物交換はされたことありますか?
今日お見せする写真は、猛練習を続けた方か、あるいはお掃除が大嫌いだった方か・・・
白いフェルトが緑になるまでお使いになった方のものです。
ちなみにトランペットのピストンです。

TPバルヴフェルト

ここまで来てしまったら、大変です!
フェルトは、ピストンの高さ調整という大事な役目も担っているのです!
もちろんフェルト以外にコルクがはいっている楽器もあります。

まずフェルトがつぶれると、カチカチになり雑音の原因になります。
そしてつぶれるにしたがって、ピストンが上にずれていきます。
ピストンは123(4)とそれぞれ指づかいに登場する頻度が違います。
つまり、つぶれていくスピードも違いますから、次第に高さがガタガタになっていくのです!
(=息の通る穴がずれる)
特にユーフォニアムは、つぶれてペったんこになっているのをよく見かけますね・・・

みなさん、フェルトが汚れてきたな、、、と思ったら交換しにいらしてください★

ピストンフェルト
またウォーターキィコルク(ゴム)も、コルク欠け、唾漏れ、変形、などする前に交換をしてください♪

お使いになっているメーカーによっては、お取り寄せになる可能性もございますので、
事前にお問い合わせお願い致します♪

 

では11月26日がお誕生日の方!!!

   おめでとうございます♪♪

1日が幸せな日になりますように★☆

 

以上Y・Uでした♪