キー曲がり タグのついている記事

修理編 少し横にずれています

こんにちは。修理のY・Uです♪
もうすぐクリスマスにお正月がやってきますね!
みなさんご予定はお決まりですか?
12日よりセールも始まりますので、是非ご来店くださいね★

ところで、下の写真をみてください。サックスです。
SAX 

このキイに

「少し横にずれています」

と付箋がくっついていました。

ここで一言!

「楽器の取り扱いには十分気をつけましょう!!!」

この日は、楽器を落とした方が3人いらっしゃいました・・・
きっとこの楽器はどこかに引っ掛けてしまったのでしょう。
曲げてしまってからも、長い間練習されていた跡がタンポに残っていました。

楽器は精密に作られていますし、強く握っただけで簡単に曲げられる部分もあります。
お店に持っていっても、完全には直らなかったり、修理不能な場合もまれにあるのです。
ケースの留め金、チャックを閉め忘れた、サックスをストラップにつけたまま
手を離して落ちた、友達に貸したらへこんで帰ってきた・・・などなど
様々なケースがありますが、十分お気を付け下さい!

ちなみに写真のキイは、その後K・Kが修理していました。

ここ数日、飛び込み、緊急の修理が増えています。
修理には、気持ちと日数の余裕を持ってご来店くださいね!
木管楽器の方は、管体のワレにも気をつけてください♪

では恒例の、12月10日が誕生日の方!

N.Tさん  HR ♂★

Y.Kさん TP ♀★

C.Sさん TP ♀★

おめでとうございます★本日が皆様にとって幸せな日になりますように★☆★

修理編 曲がってしまった、その3 前編 

本日は、クラリネットのキーレバーの曲がりについて

最近、とても寒くなり楽器をケースから取り出した時に楽器が冷たいと思いませんか、近年は環境がよくなった為、冷暖房完備の場所で練習しているとあまりそういうことは感じないのでしょうか。寒さで手がかじかんだりとか静電気でパチッなんてことで、楽器を落としてしまうなんてことが。この楽器の故障原因は不明ですが、見事にキーが曲がってしまった例です。

CL下管キー曲がり修正前

この状態がどうなったかは後編でお話します。

 

それでは、本日も恒例の

トップウインズ管楽器修理技術を普段ご利用いただております。

本日、11月27日がお誕生日のお客様は、

N.IさんAS ♂ とH.SさんFL ♂ のお二人です、おめでとうございます。

本日が貴方様方にとって最良の1日でありますように、トップウインズスタッフ一同より。

担当KK