お手入れ タグのついている記事

リペアマンが教えるメンテナンス講座開催しました!

皆さんこんにちは!

6/17(土)小金井ANNEXにて、リペアマンが教えるメンテナンス講座を開催しました。

フェア期間中に楽器をご購入いただいたお客様を対象に、当店専属リペアマンが楽器の取り扱い方・日頃のお手入れの仕方をレクチャーしました。

リペアマン講座メンテ用品

リペアマン講座 倉田さん

2017.6メンテ講座FL

 

少人数でアットホームな雰囲気で行なわれた講座はお客様からも大変好評でした。

「今までしていたお手入れだけでは不充分なことが分かりました!」
「初めて知ることばかりでびっくり!きちんとお手入れを行なうことの大切さが分かりました。」

等、嬉しいお声をきくことができました。

日頃のお手入れ次第で、演奏にベストな状態がキープ出来ます。

今回ご参加いただけなかった皆様も、ご不明な点は店頭スタッフまでお気軽にお声掛けください。
毎日のお手入れの積み重ねがとっても重要です◎

当日ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10

JR武蔵小金井駅から徒歩3分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

 

木管楽器の皆さん要注意です!

皆さん、こんにちは!

しばらく出番の無い楽器が、長期間ケースにしまいっぱなしになっているなんて事はありませんか?

 

5月も終盤に入り、暖かい日が続いて過ごしやすくなって来ました。

ポカポカした陽気ですが、どうも虫たちにとっても快適なようです・・・。

しばらく使わないからといって、長い間楽器をしまったままにすると大変なことに!

 

というわけで、今回は「カツオブシムシ」というタンポを食べる虫をご紹介(>_<)!

カツオブシ・・ムシ・・・なんともユーモラスな名前ですが、幼虫は衣服などの繊維や たんぱく質を食べる虫として知られています。

押入れにしまっていた大事な洋服に虫がついて穴が・・・・なんて話を耳にしますが、楽器についているタンポも虫たちにとっては格好のご馳走のようです。

IMG_599v7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑写真は虫たちに食べられたタンポです。

タンポが食い破られ、台紙がむき出しになっているのがおわかり頂けますでしょうか?

こうなってしまっては、とても演奏はできませんね。

いざ楽器を出した時に「あれ!?吹けない!?」なんて事のないように予防策をご紹介します♪

 

◎予防策

・長期間吹いていないときでも、定期的に楽器をケースから出し、日頃のお手入れを行なって下さい。

  時間が無いときはケースをあけて空気を入れ替えるだけでだいぶ違います。

・晴れた日に、ケースだけの状態にして2、3時間天日干しを行なって下さい。

  日光の紫外線には殺虫・殺菌・消臭・防カビ効果があります。

 

常に清潔に保つことが大切です

大切な楽器の為にも、ぜひ実践してみて下さいね♪

IMG_59i96

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑カツオブシムシがタンポを食べると、ケース内に写真のような白い粉が付着しています。もしこんな場面に遭遇したら緊急事態かもしれません!そのままにしておくと無事だった他のタンポまで食べられてしまうだけでなく、衛生的にも良いものではありません。なるべく早くお店にお持ちいただくことをオススメします。

 

当店では、傷んだタンポの交換だけでなく、管体やケースのクリーニングまで、しっかりサポートさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

 

また、昨日5/28に『1日ブラバンDAY』というイベントを行ないました♪

「学生時代吹いていたが、長いこと演奏から離れていた」

「定期的な演奏は難しいが、たまには演奏したい」

といった方を対象に半年に一度開催しております。

もう何年も楽器に触っていないけど、また始めてみたい!でも、きっかけがなかなか・・・という方にオススメです☆

もしご興味がございましたら、ぜひ次回の『1日ブラバンDAY』にご参加下さい。

日時・イベント内容などは、決まり次第HPにてご案内致します。

 

 

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-14-10

 

メールでのお問い合わせはこちらから♪

 

大修理になる前に・・・

こんにちは。

みなさん楽器のお手入れは定期的に行なっていますか??

 

楽器を長持ちさせる為に、毎日のメンテナンスは欠かせませんよね。

 

修理にいらっしゃる方に楽器の症状を伺うと、

「ピストンや抜差し管が動かない!」 「音が出にくくなった・・・」

という方が多いようです。

 

例えば木管楽器の場合、タンポの経年劣化は仕方のないことなのです・・・ が、

ご自身で出来る毎日のお手入れ次第で、

劣化のスピードを遅くすることは可能です!

 

お手入れを意識することで防げる修理がたくさんあります。

 

木管は、演奏中もクリーニングペーパーでタンポの水分をこまめに除去!

金管は、演奏前と演奏後にオイルを注す! ・・・などなど。

 

(毎日していればこんなことにならなかったのにもったいない;;) という修理がたくさんあるのです。

 

いっぱい練習をすれば当然楽器も疲れますよね!

毎日の疲れが溜まりに溜まって「大修理」になってしまうことのないよう、

毎日こまめにお手入れをしてくださいね♪

 

その為には、正しいお手入れ方法を覚えることも大切です!

 

「言われてみれば、自分がやってるお手入れ方法って合ってるの・・・?」

 

と不安になったそこのあなたは、一度お店に遊びにいらしてみてください♪

 

必要なメンテナンス用品、使い方、お手入れの頻度など、スタッフが丁寧にご説明いたします☆

 

ちなみに、こちらの『メンテナンスブック』もおすすめです↓↓

mentebook

 

写真がたくさん付いているので、はじめての方でもとにかくわかりやすいメンテナンス本です!

木管・金管ごとに分かれている為、学校で共有して頂くのもおすすめですよ。

こちらもぜひご活用くださいませ♪

 

 

 

 

 

シルバープロテクター

ヤマハから便利なリペア用品が発売されています。

シルバープロテクター」¥1,080(税込)

その名の通り、銀製や銀メッキの楽器の硫化(変色)を防ぐ薬品です。

 

クラリネットのキイやフルート、トランペットなどで銀のものは、放っておくと薄黒く曇ってきたり黄色っぽく濁った色に変わってしまいます。

 

毎日練習後に乾拭きが出来ればいいのですが、時間の都合などで細かいところまではなかなか出来ないものです…。

 

そこで、ピカピカの銀色を長持ちさせるのがこのシルバープロテクター!

一度、シルバーポリッシュでしっかりと磨き上げてから乾拭きで薬剤をキレイに拭き取り、最後にこのシルバープロテクターを吹きかけます。

表面がコーティングされて変色を防ぐので、ピカピカが長持ち!

 

ぜひご利用下さい☆

マメにお手入れ!金管楽器編 vol.2

2月3日の節分にちなんで、2月はマメにお手入れしよう月間です!

・・・とは言え、お手入れするのが面倒臭い、時間が無い、という方も多いハズ。

そこで、そんな皆様に向けて

簡単にすぐにキレイになる「時短お手入れグッズ」をご紹介いたします☆

 

金管楽器編vol.2の今回はコチラです!

ギャラックス ジェットクリーン ¥735

まず、特殊な洗剤が染み込んだ円筒形の小さなスポンジを、マウスピースレシーバー(マウスピースを挿し込むところ)に押し込みます。

そして、マウスピースレシーバーから思いっきり息を強く吹き込んでください。

すると、スポンジが管内を廻ってベルからスポンジが飛び出して来ます!!

一瞬にして管内をクリーンに出来るスグレモノです♪

 

画像右(1)の青いスポンジはトランペット&ホルン用でSサイズ、左(2)の黄色いスポンジはトロンボーン用でLサイズです。

トランペットは黄色いスポンジのLサイズを使うと、より管内の汚れを除去できますよ!

但し、無理をすると管内に詰まってしまう可能性がありますので、使用する際は注意してくださいね。

 

2月23日(日)まで【メンテナンス用品15%OFFセール】開催中!

メルマガ会員はもっとお得な20%OFFです!

 

この機会をお見逃しなく!

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。

 

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪