フルートRepair の記事

洗浄特集 Vol.2 【サックス&フルート編】 ホコリ

前回は洗浄の必要性についてご説明しました。

(まだ見てない方は、こちらからどうぞ⇒洗浄ブログ vol.1

さて、今回は汚れによる弊害「埃・ホコリ」についてご説明しましょう。

 

ホコリってどうして出来るのでしょうか?

普段は目に見える訳ではないのですが、ある日突然出現しはじめますよね。

 

部屋や家具に溜まったホコリは、掃除機やハタキをで簡単に取り除けます。

ですが、楽器の場合、細かなキィが密集している為、簡単には取り除けません。

 

では、楽器に溜まったホコリはどうやって取り除くか?

答えは、分解して掃除・洗浄します。

 

例えば、綿棒

例えば、トーンホールクリーナー

例えば、クロス

例えば、刷毛を使い

例えば、息の圧力で

などなど、道具を駆使したり、様々な手段を試してみたり、いろいろ方法はありますが、

やはり分解するのが1番の早道です。

 

次回のVol.3 は「芯金の汚れ」です。

ところで芯金って何???

乞うご期待!

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

 

洗浄特集 Vol.1 【サックス&フルート編】

今回は洗浄について色々興味あること、為になることをご説明します。

 

まずは、楽器が洗えるのか?

答えはYesです。

 

木管楽器と言えども、ほぼ金属で出来ているサックスやフルート等は普通に洗えます。

と言いましても、そのままの状態で食器洗浄機みたいに洗うのではなく、当然全て分解し洗浄します。

 

そもそも楽器は、新品時はとてもキレイな状態なはずです。

キレイだっだ楽器も奏者が日々演奏することにより、想像以上の汚れが管体に付着します。

 

奏者にとってはそれ(汚れ)が「自分のサウンド」と言う方もいらっしゃいます。

また、普段しっかりお手入れをしているから大丈夫です、と答える方は多いかと存じますが・・・

 

お手入れと洗浄は違います!!

 

では、全て分解して管体をキレイに洗浄することを、

次のように分かりやすく置き換えて説明しましょう!

 

例えば、お箸だったとしたら・・・?

楽器同様に毎日使いますが、空拭きしただけでキレイになるでしょうか?

洗剤を使って、きちんと水洗いしますよね?

 

例えば、これが人の身体だったとしたら・・・?

毎日タオルで拭くだけで汚れは取れるでしょうか?

もちろん毎日欠かさずお風呂に入りますよね?

 

汚れというものは使用環境により大きく異なりますが、

自身の楽器と置き換えて想像すると、

普段のお手入れだけで十分と言えるでしょうか?

 

この汚れについての弊害。

非常に面倒な問題を抱えていることを次回ご説明します。

乞うご期待!

 

【お問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

JR武蔵小金井駅から徒歩5分

メールでのお問い合わせはこちらから♪

 

楽器パーツのお掃除【芯金編】

今日はパーツのお掃除についてお話したいと思います。

今回お話するのは、芯金(しんがね)というパーツです。

シャフトとも呼ばれています。

1

この新金というパーツ、どこに使われているか知っていますか?

楽器についているキィというパーツを固定する為に使われているものです。

サックスやクラリネットなどの木管楽器や金管楽器のウォーターキィに使われているのですが、

今回はクラリネットを使って説明したいと思います。

kura

赤い矢印の方向に芯金がはいっています。

下の画像では、芯金がゆるんで先端が飛び出しています。

1

このパーツ、汚れがたまりやすいのですが、

表からは見えないので分解しないと気が付かないものなのです。

しかも、キィの隙間から水が入り込んでしまうと、

錆びついてキィが動かなくなってしまうこともあるのです。

しかしご安心下さい!

掃除をしたらこんなにきれいになるんです。

IMG_0049-1

上にあるのが掃除前の芯金、下にあるのが掃除後の芯金です。

さらに赤い丸で囲っている先端部分、ネジになっているのですが、

このネジの溝まできれいに掃除をしているのです。

当店が修理品としてお預かりしている楽器は、

このように見えないところまでしっかりと掃除しているので、ご安心ください!

 

「最近点検に出していない…」

「楽器をぶつけたり落としたりしていないのに、キィの動きが悪くなった気がする…」

そんなお悩みをお持ちの方は、こちらのイベントがおすすめです!芯金の飛び出しチェック等もいたします!

【11月18日開催!管楽器無料点検会】

詳しくはこちらから ⇒ 管楽器無料点検会について詳しく見る

●予約制● まだまだ空枠ございます!ご予約心よりお待ちしております。

【お申込み・お問合わせ先】 宮地楽器トップウインズ 042-287-1231

 

 

とってもお得なフェア開催中!明日4日までなので、ご検討中の方はお早めに!

main_title

 

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

フルートの修理で多いのは?

オータム管楽器フェア 10月13日(土)~10月21日(日)

只今、オータム管楽器フェアを開催中です。

本日は、フルートの修理にて1番多い修理についてご説明致します。

それは、キィフェルトの紛失なのです。

キィフェルトとは文字通りキィについているフェルトのことですが

ほんの5mm程の小さい部品ですが、フルートにとっては結構重要な役割を持っており、このフェルトが外れると

押し心地は悪くなり、指を動かす度に「カチカチ」と音がするヘンテコな楽器になってしまいます。

7割位の方はすぐに修理されるのですが、このキィフェルトというのは無くなってしまっても楽器として吹ける為にそのまま修理せず使い続けてまう方が若干いらっしゃいます。   ご自身のフルートは大丈夫でしょうか?

FL-KEY-FELT

画像の通りキィフェルトは指で押さえる反対側にあります、綿棒やクロス等で細かいホコリや楽器を磨こうとした際にポロリと外れてしまうことが多いです。

心当たりのある方、お近くの方は是非当店までご来店下さい。

遠方にてご来店出来ない方や本番直前のアクシデントに備える為に、このよな修理パーツを販売しております。

Yahooはこちらより→ http://store.shopping.yahoo.co.jp/mmo/tw-270912r03.html

楽天はこちらより→   http://item.rakuten.co.jp/miyajimusic/tw-270912r03/

FELT-SET

ちなみにキィフェルトは、このような接着剤で貼り付けます。

G17

備えあれば患いなしと言いますし、皆さんもお一ついかがでしょうか。

修理担当 小関

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

木管楽器の内側、汚れてませんか?前編

こんにちは!

世間はすっかり夏休みですね♪

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

それにしても夏って暑いですよね~

暑いときって水浴したくなりませんか?

実は楽器も同じことを思っているかも…

というわけで、今回は木管楽器の洗浄について書きたいと思います!

 

楽器の管内なんてそんなに覗いたりしませんよね?

実は覗いてみると意外と汚れているものなんです!

「買った時と比べて、黒ずんできたな…」

「毎日スワブを通しているのに、ベタつきが気になるな…」

もし自分の楽器がそうなっていたら、管内を洗浄する目安だと思ってください!

 

 ちなみに、こちらは洗浄する前の楽器の様子です。

管体を洗浄する際は、このようにキイを全てはずしてから行うんです!

120810_1518~01     修理

  なんでわざわざキィをはずしているの!?

と思う方もいらっしゃいますよね。 

その辺りも含めて詳しい洗浄方法は次回のブログで書きたいと思います。

お楽しみに!!!

 

楽器の洗浄がしたい方は是非トップウィンズに楽器をお持ち下さい。

技術者が責任をもってメンテナンスさせて頂きます!

担当:春田

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ