サックスRepair の記事

サックスのお手入れ【第二回:タンポのお手入れ方法】

こんにちは!

今日は前回の続きで、

サックスのタンポのお手入れ方法

紹介したいと思います。

 

みなさん楽器を吹いた後はかならずスワブを通しますよね?

でも、それだけではタンポの表面についた水分は取りきれないんです。

それではどうしたらタンポの表面の水分をとることができるのでしょうか?

 

ここでは

クリーニングペーパーを使ってのお手入れ方法

紹介します。

 

①水分を取りたいタンポとトーンホールの間にクリーニングペーパーを挟みます!

②キィを何度か開け閉めしたあとに、キィを開いた状態で

クリーニングペーパーを抜きとります。

【注意!!】 

このときにキィを強く押さえたままペーパーを抜きとってしまうと、

タンポの表面に傷がつくことがあるので気を付けてください!!

もしクリーニングペーパーが破れてトーンホールやタンポについてしまった場合は

すみやかに取り除いて下さい。

 

べたつきが気になるタンポはこの作業を何回か繰り返しましょう♪

SAX-CLEANING

特にネックに近いタンポクローズドキィ(何もしない状態で閉じているキィ)管体の下の方にあるキィ

水分が溜まりやすいのでこまめに水分を取ることをおすすめします!

SAX-highF  SAX-LowEs

 

また、練習後だけではなく管内に水滴が溜まってきたなと思ったら 

練習中でもこまめにスワブを通すことで管内の汚れやカビも防ぐことができます。

 

毎回毎回こんなことをするなんてめんどうだ!なんて思うかもしれませんが、

こういったお手入れをかかさず行うことで楽器をいつまでもきれいな状態で演奏する事ができるようになりますよね。

それってとっても気持ちのいいことだと思いませんか?(私はそう思います!)

以上サックスのタンポのお手入れについてでした!

 

担当:春田

img57900321tw-050312m1

 

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

サックスのお手入れ【第一回:タンポの汚れ】

皆さんこんにちは。

今日はサックスのタンポについて書いてみようと思います。

 では早速ですが、写真を見て下さい。

SAX tanpo-highF

矢印部分の黒い輪、

これ、何だと思います?

実はこの黒い輪、カビなんです!

奥に写っているものは新品のタンポなんです。

ぜんぜん違いますよね??

使っていくと手前のタンポのようにカビが生えたり汚れがついてしまいます。

でもこれって沢山練習した証しなんですよね。

実際この程度の汚れ具合はまだまだましなほうです。 

ではタンポにカビが生えたり汚れが付いてしまう原因はなんなのでしょう?

 楽器を演奏した後に管内&タンポの水分を十分に取り除かないからです。

特に湿ったタンポの表面に汚れやホコリが付着した状態だと、

カビが生えやすい環境を作ってしまうことになります。

特にコンクール時期やコンサート、

湿気の多い季節は要注意です!

こうなってしまわないように、演奏後のお手入れだけではなく

練習中でもこまめに水分を取るメンテナンスをしっかり行いましょうね。

 

詳しいメンテナンス方法は次回のブログで紹介します!

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

サックスの錆・・・ネック編

本日は錆について

sax-neck1sax-neck3sax-neck4…激しい錆がジョイント部分の上側に集中しています。

このような錆の発生は演奏後の分解の際、ネックと本体接合部分の内側をスワブやガーゼ等を使用してしっかり水分を取ることで防止する事が出来ます。ネックの接合部分にこのような錆があると、ネック組立時にとてもきつく、力を込めないと組立出来ず、オクターブキィが曲がってしまうなんて事にもなりかねません。

このような錆の場合、修理に出して頂くかヤマハの研磨剤メタルポリッシュ等お使い頂き、クロスで何度か拭きこむときれいになります、このような状態にならないように練習後の水分は必ず拭き取りましょう。

sax-neck5・・・錆取り後です。

いつでも新品のような状態にしておきましょう。

楽器のメンテナンスにはこちらの本がとても参考になります。

『メール便対応可:代引・日時指定不可』はじめての管楽器メンテナンスブック(金管楽器編)『修理』『リペア』『参考書』『書籍』『メール便対応可:代引・日時指定不可』はじめての管楽器メンテナンスブック(木管楽器編)『修理』『リペア』『参考書』『書籍』

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

タンポの虫食いについて♪ FL編

本日はタンポの虫食いについてご説明します。

たまたま、修理していたらこのようなフルートのタンポが!  この状態のタンポを発見すると何か未知なる生物がいるのではないかと毎度ちょっとだけドキドキします。

FL-TANPO1

長いこと、この修理の仕事をしていますが、さすがに生きている物を見ていないのは幸せ者と言えるのでしょうか?

 

 

 

 

 

FL-TANPO2

新品の部品と比べるとこのようになります。

しかしほんと、うまい所を頂いています。不思議なのは、なぜ全部食べないのか。食べられた部分はとてもおいしいのでしょうか?、果物や野菜の場合は虫はおいしい物だけ食べると言われてますからタンポもそうなのでしょうか?

 

 

 

 

FL-TANPO3

交換後の状態です。これからタンポ合わせを行います。

皆さん、古い楽器には気をつけて、運が悪い人はは3カ月位で食われてしまうことがあります。余程虫にとって快適な環境だったのでしょう。1年程放置して楽器は要注意です。

ちなみにフルートの他に、クラリネットやサックスのタンポも食べられちゃいますから気をつけて下さい。

修理のお問合せはこちらまでお願いします。

担当KK

修理編 楽器の汚れ サックス

本日は楽器の汚れについて。

こんなの発見しちゃいました。!!!

AS yogore1

なんだか、わかりましたか、よーっくご覧になってください。見えるはずないもがみえるはずです。

AS yogore2

今度はわかりますよね、何か未知の生命体の誕生か!!

 

そんなはずはなく、多分ただのカビだと思います。なーんだがっかりと思わないでください、自分の楽器にカビが生えるなんてどうですか人体に有害であることに間違いはないのですよ、皆さんの愛器はどうですか汚れっぱなしですとこうなりますよ。今サックスだけだよそんなきたないのは、なんて思ったクラリネットの方、あなた方の楽器も結構カビが生えますからご注意ください。

自分の楽器が気になったら、修理技術者が常駐する、宮地楽器トップウインズまでご来店ください。

 

担当KK