サックスRepair の記事

サックス&クラリネットのお手入れ方法

今回は木管楽器共通のお手入れ方法についてご案内です。

木管楽器の調整が狂う1番の原因は水分です。

おおくの木管楽器奏者の方々は、自分はスワブを通してしっかりお手入れしていると

言われます、ですがそれで十分とは言えません。

水分で狂うのはタンポ(パッド)部分です、このタンポ部分の水分はスワブではほとんど取りきれません。

大変面倒な作業ですが直接タンポの一カ所ごとに水分を取り除かないといけません。

ところが今回ご紹介する吸水シートを使えば、タンポを痛める事もなく簡単に水分を吸収出来ます。

しかも何度でも使用することが出来ます。

木管楽器の皆さまには是非使って頂きたいアイテムです。

【商品のお問い合わせ先】

宮地楽器トップウインズ

042-387-1231

東京都小金井市本町5-15-9

メールでのお問い合わせはこちらから♪

※2013/10/28

ネックコルク交換  【修理 サックス編】

ネックコルクの交換はいったい、いつ頃交換すればよいのでしょうか?

我々修理技術者からの見解ですと、1年に1度の交換がおすすめです。

コルクの色がこげ茶色に変色している状態は交換の時期と言えます、やはり長くても3年程度で交換は必要かと思います。コルクが痩せて緩いままご使用頂くと楽器の鳴り具合にも影響が生じます、常に良いサウンドを奏でる為には定期的な交換がベストと我々は考えております。

下の画像にありますようにコルクが破けている状態の場合は早急に交換しましょう、当店ではお預かり当日での作業が可能です、気軽にお申し出下さい。ただまれに技術者が不在の場合もございます、この不運な場合はお預かりになることをご了承下さい。

neckcorkrepairbefore

このコルクは使用頻度はそれほどではなかった様ですが、マウスピースとの相性が悪く、きついのに無理矢理マウスピースを差し込んでしまいコルクが破けてしまったケースです。

neckcorkrepairafter

交換後のコルクを見比べて頂ければ、コルクの色合いの違いがわかるかと思います。ご自身のネックコルクと是非比べて下さい。

楽器の購入やメンテナンスの仕方・修理については是非当店までご来店下さい。

管楽器情報はこちらのFacebookでもご案内しております。

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

楽器パーツのお掃除【芯金編】

今日はパーツのお掃除についてお話したいと思います。

今回お話するのは、芯金(しんがね)というパーツです。

シャフトとも呼ばれています。

1

この新金というパーツ、どこに使われているか知っていますか?

楽器についているキィというパーツを固定する為に使われているものです。

サックスやクラリネットなどの木管楽器や金管楽器のウォーターキィに使われているのですが、

今回はクラリネットを使って説明したいと思います。

kura

赤い矢印の方向に芯金がはいっています。

下の画像では、芯金がゆるんで先端が飛び出しています。

1

このパーツ、汚れがたまりやすいのですが、

表からは見えないので分解しないと気が付かないものなのです。

しかも、キィの隙間から水が入り込んでしまうと、

錆びついてキィが動かなくなってしまうこともあるのです。

しかしご安心下さい!

掃除をしたらこんなにきれいになるんです。

IMG_0049-1

上にあるのが掃除前の芯金、下にあるのが掃除後の芯金です。

さらに赤い丸で囲っている先端部分、ネジになっているのですが、

このネジの溝まできれいに掃除をしているのです。

当店が修理品としてお預かりしている楽器は、

このように見えないところまでしっかりと掃除しているので、ご安心ください!

 

「最近点検に出していない…」

「楽器をぶつけたり落としたりしていないのに、キィの動きが悪くなった気がする…」

そんなお悩みをお持ちの方は、こちらのイベントがおすすめです!芯金の飛び出しチェック等もいたします!

【11月18日開催!管楽器無料点検会】

詳しくはこちらから ⇒ 管楽器無料点検会について詳しく見る

●予約制● まだまだ空枠ございます!ご予約心よりお待ちしております。

【お申込み・お問合わせ先】 宮地楽器トップウインズ 042-287-1231

 

 

とってもお得なフェア開催中!明日4日までなので、ご検討中の方はお早めに!

main_title

 

宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

木管楽器の内側、汚れてませんか?前編

こんにちは!

世間はすっかり夏休みですね♪

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

それにしても夏って暑いですよね~

暑いときって水浴したくなりませんか?

実は楽器も同じことを思っているかも…

というわけで、今回は木管楽器の洗浄について書きたいと思います!

 

楽器の管内なんてそんなに覗いたりしませんよね?

実は覗いてみると意外と汚れているものなんです!

「買った時と比べて、黒ずんできたな…」

「毎日スワブを通しているのに、ベタつきが気になるな…」

もし自分の楽器がそうなっていたら、管内を洗浄する目安だと思ってください!

 

 ちなみに、こちらは洗浄する前の楽器の様子です。

管体を洗浄する際は、このようにキイを全てはずしてから行うんです!

120810_1518~01     修理

  なんでわざわざキィをはずしているの!?

と思う方もいらっしゃいますよね。 

その辺りも含めて詳しい洗浄方法は次回のブログで書きたいと思います。

お楽しみに!!!

 

楽器の洗浄がしたい方は是非トップウィンズに楽器をお持ち下さい。

技術者が責任をもってメンテナンスさせて頂きます!

担当:春田

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ

サックスのお手入れ【第三回:使える商品!】

みなさんこんにちは!

今回も前回に引き続き、

サックスのお手入れについて書きたいと思います!

 

前回はタンポのお手入れ方法について書きましたね。

そのなかでクリーニングペーパーというものを使いました。

前回の記事の注意点にも書きましたが、

クリーニングペーパーは使っている途中で破けてしまうことがあるんです

そして破れたクリーニングペーパーの紙片がタンポやトーンホールにくっついてしまい、

それを取り除く際にタンポを傷つけてしまう心配があるんです。

せっかくタンポをきれいに保つためのお手入れをしているのに

タンポを傷つけてしまっては元も子もありませんよね。

ではどうしたらいいのかって?

実は良いものがあるんです!

 

その名も…

吸水シート』!!

mmo_tw-060511k01

          mmo_tw-060511k01_1

 

使い方はクリーニングペーパーと同じですが、

抜き取る際に破けてタンポにくっついてしまう心配がありません!

また、乾かして再利用することもできるんです!

クリーニングペーパーよりも耐久性があって、さらに繰り返し使えるなんてとってもエコだと思いませんか?

 

クリーニングペーパーを使ってるけどすぐ破けてしまって困ってる

クリーニングペーパーを使ってみたいけど破けるのが心配な方

ぜひ一度『吸水シート』をお試し下さい!

担当:春田

 

 宮地楽器トップウインズ

〒184-0004 東京都小金井市本町5-15-9

042-387-1231

メールでのお問い合わせはコチラ