修理編 キーの曲がりその2

本日はキーの曲がりについてCLのキー曲がり 下管

どうでしょう、このようにみると完全に曲がってますよね、一応これでもキーは動くので演奏は可能です、ですが一度曲がってしまうとキーの剛性(強さ)が弱くなりさらに曲がってしまう可能性が高いのです。人の体で言えば、ちょっと熱がある状態の時に、病院や休養をとらず無理し続けある日倒れて入院なんてことに・・・。今はたいしたことがなくても早期治療、早期修理は人も楽器もとても重要なことです、どちらも永い付き合いになるのですから。

さて、このようになった楽器を我々技術者がどう修理したかは別の機会にお話しします。

 

 

では恒例の、本日11月16日のお誕生日の方!!

A・Yさん ♀ CL
W・Aさん ♀ TP
K・Aさん ♂ AS
Y・Sさん ♀ TB         の4名です!今日はたくさんいらっしゃいますね。

皆様にとって幸せな1日でありますように♪

 

By K・K