2016弦楽器フェア 出展のご報告

2016 年 11 月 12 日

去る2016年11月4日(金)~6日(日)に九段下・科学技術館にて開催された、日本弦楽器製作者協会主催の『2016弦楽器フェア(第59回弦楽器展)
宮地楽器は今年もこの一大イベントに出展しました。
ブースには、ヴァイオリンの聖地 イタリア・クレモナでその腕を磨き、世界的に活躍する日本人製作家
菊田浩・高橋明・天野年員・百瀬裕明・西村翔太郎 各氏をブースに招き、その作品を展示。
宮地楽器の出展は今回で記念すべき10回目です。
今年もたくさんのお客様にご来場頂き、ブースは大いに賑わいました。

ここでフェアのようすを少しご紹介させて頂きます。

↓こちらが宮地楽器のブース。宮地楽器がご推薦する5人の製作家の最新作がずらりと並びます。

宮地楽器ブース

↓宮地楽器のブースにお招きしている菊田浩氏。
難関の製作コンクールで度々優勝・入賞を果たしている世界的な製作家です。
日頃クレモナで活動している菊田氏に年に一度会える場とあって、菊田氏目当てで弦楽器フェアに来る方も多くいらっしゃいます。

菊田浩氏

↓ヴァイオリンを弾いているこの方は高橋明氏。
クレモナに菊田氏と共同で工房を構える、こちらも世界的に高く評価されている製作家です。

高橋明氏

↓菊田氏、高橋氏と同時期にクレモナで学び、難関コンクールで彼らと常に上位を競った天野年員氏。
現在は帰国して自身の工房を構えています。
クレモナのマエストロ ニコラ・ラザーリ氏に久しぶりに作品を見てもらっています。

天野年員氏とニコラ・ラザーリ氏



ここで弦楽器フェア会場の他のブースをちょっとご紹介。

↓こちらはイタリアバイオリン製作者協会のブース。
宮地楽器でも日頃から取り扱っているイタリアンヴァイオリンの製作家とその作品が揃っています。
リラックスした様子のイタリア人たちですが、実は皆、人気と実力のある製作家です。

2016_gengakkifair3

↓日本弦楽器製作者協会に所属している製作家の方々は、個人のブースを出しています。
その中のひとり、宮地楽器でも人気の製作家 松上一平さん。
ヴィオラが得意な松上さん、今回展示していたものも個性的で美しい作品でした。
松上さんの作品は宮地楽器で展示中です。
⇒ 松上一平さん作品ページ

松上一平氏

↓こちらは高橋尚也さん。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロと揃った展示です。
高橋尚也さんの作品も、宮地楽器でお試し頂けます。
⇒ 高橋尚也さん作品ページ

高橋尚也氏

↓こちらは卸業者さんのブース。
弦楽器フェアではおなじみの、ずらっとヴァイオリンが並ぶ光景。圧巻です。

2016_gengakkifair_15

↓内装にこだわったキレイなブース。弓の毛替えの実演もしていました。

2016_gengakkifair_4

↓宮地楽器でも商品を取り扱っている、杉籐楽弓社。小さいながらも人気のブースでした。

gengakkifair_5

↓このアーティスティックなケースは宮地楽器でも販売中!

2016_gengakkifair_7

↓カラフルな小物の展示が目を引きます。
奥に見えるイスは、楽器演奏用のもの。低反発の座面が長時間の演奏を楽にしてくれます。
実際に座ると、演奏用というのが納得の座り心地の良さ!
高さも調節もかなり稼働域が広く、特にチェロを弾く方におすすめ。
2016_gengakkifair_10


↓宮地楽器のブース、最終日のようすです。
ブースからお客様があふれて作品が試奏できないこともありました。
音の洪水のような状態でしたが、それでも試奏した方からはたくさんのお褒めのお言葉を頂きました。
2016_gengakkifair_11

↓3日間にわたる、一年に一度のビッグイベントが終了。
このイベントのためにクレモナから帰国した製作家のみなさんには、さすがにやや疲れの色も見えますが、自分の作品に対する感想や評価を生で聞くことができる貴重な機会を大切に、3日間ブースに立ち続けて下さいました。

2016_gengakkifair_16

弦楽器フェアならびに宮地楽器ブースにご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。
フェアでご紹介していた作品は、一部を除き宮地楽器小金井店の店頭にて試奏が可能です。
気になった作品があった方は、ぜひお気軽にご来店くださいませ。

タグ: , , , , , , , ,