トクラスのキッチン「Berry(ベリー)」はいかが?(3)

トクラスのシステムキッチン「Berry(ベリー)」についてのご紹介も、今回で3回目となりました。
トクラスキッチン ベリー(サフランイエロー)
魅力的なポイントがたくさん詰まったモデルなので、お伝えしたいことは多々あるのですが、今回はそのなかでも特徴的な「収納」と「レイアウト」についてご案内したいと思います。

【ベリーの魅力ポイント 3】
 空間を無駄なく使う収納

せっかくキッチンをリフォームするのだから、現在お使いのキッチンの問題点や不満点を解決したいものですよね。

ご相談をいただいた際によく挙げられる不満点は、やっぱり「収納が足りない」こと。しかしリフォームの場合、キッチンのサイズ自体を現状よりも大きくするのは難しいことがありますので、「今ある空間をどれだけ有効に活用できるか」が問題解決のカギといえるでしょう。

トクラスキッチン ベリー 間口ぴったり対応1

現在お使いのキッチンが、設置スペースの間口ぴったりのサイズではなく、デッドスペースがあるとします。

トクラスキッチン ベリー 間口ぴったり対応2

一般的なシステムキッチンの場合、ホコリが溜まるのを避けたり見た目をすっきりとさせるために、そのデッドスペース部分を「フィラー」という部材をつかって対応することが多いです。

トクラスキッチン ベリー 間口ぴったり対応3

でもトクラス ベリーは一味違います。
専用の調整可能な収納キャビネットの幅をデッドスペースの分だけ広げて、ぴったりサイズにしてしまうのです!
収納力アップで見た目もすっきり。本当に「空間を無駄なく」使うことができますね。(※10mm未満はフィラー対応)

もちろんベリーの収納力はそれだけではありません。

キャビネットの引出し内にスライド式の棚を装備。引出し内を上下2段に分けることで、使う頻度や大きさにあわせて効率よく収納ができ、空間も無駄なく使えます。

トクラスキッチン ベリーの収納

また引出し内に何が入っているのかがぱっと見てわかるので、「あれどこにしまったかしら?」と何度も引出しを開け閉め…なんてこともなくなりそうですね。

【ベリーの魅力ポイント 4】 ご希望に合わせられるレイアウト

一方で「リフォームで不満は解決したいけれど、気に入っているところはそのままにしたい」というご相談もいただきます。

一番多いご要望は「使い勝手をそのままにしたい」。
確かに体に馴染んだ動線が大きく変わってしまうと、キッチンが使いづらいものになってしまったように感じてしまうかもしれませんね。

トクラスキッチン ベリー シンク・レンジの配置

例えば、作業スペースとシンクやレンジとの距離。
今までは作業スペースの立ち位置からシンクにサッと手が届いたのに、一歩二歩踏み出さないと届かない…となると、作業効率も悪くなってしまいます。

トクラスのベリーなら、ご希望に合わせてシンクやコンロの位置を1mm単位で調整できるので、ご自分にとってベストの位置にレイアウトができます。

トクラスキッチン ベリー シンク・レンジのレイアウト1

また「シンクの横に今使っている卓上食洗機を置きたい」「レンジの横に今までと同じく調味料の一時置きをしたい」など、こだわりのカウンタートップレイアウトにも対応できますよ。

トクラスキッチン ベリー シンク・レンジのレイアウト2

さらに凄いのは、このレイアウト調整が、差額なし&納期延長なしでできること!
キッチンはデザインも大切ですが、やっぱり機能的で使いやすいものでなくては満足できませんよね。
ぜひご自分のこだわりを実現していただきたいと思います。

さて、「トクラス ベリー」のご紹介も、次でいよいよ最終回。
「魅力ポイント 5」として「シンク下の食洗機」についてご紹介いたします。